歯科医師が転職エージェントを使うメリット・デメリット

%e2%91%a2%ef%bc%91_136514936-min
転職を思いたっても、次の職場を見つけるのは、そんなに簡単なことではありません。
求人雑誌を読んだり、ネットで検索したり、いずれも時間をかけてコツコツ探すしかありません。そんな時、便利なのが転職エージェントです。今回は、この転職エージェントを使ったときのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まず転職サイトに登録

転職エージェントを利用したい人は、まず彼らが運営するサイトに名前や住所などの基本的な情報を登録します。すると、今どんな求人情報があるのかをエージェントから紹介し、無料で相談に乗ってくれます。
なぜ無料かというと、転職サイトは、求人募集をする歯科医院の情報を掲載することで掲載料を得ているからです。

この仕組みで転職サイトが運営できているということは「かなりの求人情報がそこに集まってきている」ということでもあります。職種にもよりますが「求人情報の半分近くが転職サイトに集まっている」という専門家もいます。

良い出会いを演出するための情報を集めているのが転職エージェント

さて、転職エージェントを使うメリット・デメリットですが、仮に「使わない」場合を考えてみてください。
それだけで「集まっている膨大な情報に触れることができない」という道を選択したことになります。転職前に多くの情報を収集して、自分に合った新しい職場を選びたい、と考えている人ならば、なるべく多くの情報に触れた方がいいですよね。ですから、転職エージェントに相談する価値は十分にあるのです。

転職エージェントの仕事は、求人情報の紹介だけではありません。相談に訪れた人のキャリアに合った職場はどんなところなのかを、話し合いながら探し出してくれます。また、履歴書や職務経歴書の作成をサポートしてくれますし、面接時にどう振る舞った方がいいかなどのアドバイスもしてくれます。さらに、面接に行く歯科医院が決まったら、日程も調整してくれます。まさに「かゆいところに手が届く」サービスですね。

もっと大切なことがあります。エージェントの仕事は、転職したい歯科医師と、歯科医師を求めている歯科医院の両方を満足させる、いわば「良い出会い」を演出する仕事です。そのために転職エージェントは、日頃から歯科医院が「どんな人材を求めているか」、「どんなスキルを必要としているか」など、細かな情報を集めて回っています。

近ごろは、自院のホームページで求人を募集している歯科医院もあります。その情報をもとに自力で転職するケースもありますが、エージェントはサイトに掲載されていないような、いわば裏情報とも言えるような情報も集めています。ですから、転職した後「失敗した!」とならないようにするための“保険”の意味でも、エージェントに相談するのは大きなメリットがあるのです。

給与や労働条件もエージェントが交渉

%e2%91%a2%ef%bc%92_487448041-min

転職先との面倒な交渉をするのもエージェントの大切な仕事です。エージェントなしで進めると、給与や勤務ローテーションなどの条件を、自分で歯科医院に提示して交渉する必要があります。これから勤務するかもしれない先に、採用される前から「もう少し給与を増やして欲しい」と堂々と言える人は少ないのではないでしょうか。

言い方次第では、誤解され、相手を不快にし、初対面でいきなり感情的になる可能性さえあります。しかし、交渉をエージェントが行ってくれれば、転職希望者は煩わしい交渉に関わる必要がなくなるのです。

労働条件の交渉を自分でするのは相当なストレスになります。「ストレスをなくしたい」という理由でエージェントを利用する転職希望者の方も多いでしょう。エージェントは、多忙な歯科医師の転職活動を手助けしてくれる心強い味方なのです。

このように、エージェントを利用するメリットはたくさんありますが、世の中にエージェントはたくさんいます。そして、それぞれ個性がありますので、自分と気持ちが合うエージェントを選ぶのが転職のコツです。

そのためには一つの転職サイトにとらわれず、複数の転職サイトに登録してみたらいかがでしょう。その上で、数人のエージェントに相談してみれば、きっとあなたに合ったエージェントは見つかるでしょう。

すべてエージェント任せはダメ。自分の将来は自分で決める

ただし、エージェントに託すのは良いのですが、任せきりにするのはダメです。いくら自分に合ったエージェントだとしても、エージェントはあなた自身ではありません。細かなところで、自分の希望とズレてしまう場合だってあります。ですから、自らも情報を集め、エージェントの情報と合わせて判断するようにしましょう。

いずれにしても「自分の将来は自分で決める」という考えが大切です。
納得できない転職エージェントに託すくらいなら、自分で探して応募するのも一つの考えです。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。