必見!転職で失敗しないために知っておきたい、優良歯科医院の特徴とは?

働きやすい歯科医院の特徴とは

一般的に、働きやすい歯科医院の特徴とは、どのようなものでしょうか。
月給や賞与、休日、福利厚生などが好待遇であることはもちろん、通勤しやすい立地にあり、衛生的でさまざまな設備が整い、さらに尊敬できる先輩医師のそばで働け、スキルアップに向けての支援制度がある歯科医院も良さそうです。

実際、納得して就業したはずの歯科医院でも、働きはじめたら忙しすぎて休みが取れない、歯科医師としての仕事以外の雑用が多いなど、自分が思い描いていた環境ではなかったと感じることもあるようです。
そんな時、ふと頭をよぎるのが「転職」かもしれません。

本来、個々の医師により、働きやすいと感じる歯科医院や求める労働条件などは千差万別でしょう。
もし本気で転職を考え、候補先を探すのであれば、先にも述べた通り、今抱えている不安や不満などが改善、解消できる医院を選べば、失敗の少ない、転職の理想型と言えそうです。

転職時に、さらに掘り下げて追求すべきなのは、「自分が歯科医師として将来的にどのような働き方をしていきたいか」ということが医院選びのポイントでしょう。
歯科医師過剰時代の昨今、理想とする将来像を具体的にイメージし、その転職先で実現できるかを医院選びのポイントとすることも非常に大切です。

例えば、生涯にわたって勤務医として働きたい、独立開業したい、専門技術を磨き、より専門的な分野で働きたいなど、思い描く将来の方向性について考え、達成するために有効な転職先と思えるならば、自身にとって働きやすい最高の歯科医院となりそうですね。

歯科医院にも得意分野があります

近年の歯科医院飽和状態の中、他院との差別化を図り、一般歯科診療に加え専門的な治療を行う歯科医院は増えてきているようです。

一般的に、歯科医院の診療科目は、一般歯科と専門治療を別表記にし、専門治療を行うには、専門医や認定医の資格を持つ歯科医師がいる必要があります。
専門治療を行う専門医や認定医には、口腔インプラント専門医や日本歯科審美学会認定医、日本矯正歯科学界専門医・認定医、口腔外科専門医・認定医、日本歯周病学会認定歯周病専門医・認定医、歯科麻酔専門医・認定医、日本小児歯科学会認定小児歯科専門医・認定医など、多種があります。

これらの資格を取得するためには、一般的に歯科医師免許を取得した後、厚生労働省が指定する機関で専門的な臨床経験を積み、基準となる講義受講や研究発表、論文などを網羅し、認定医や専門医としての認定試験に合格する必要があります。

歯科医師もこれまで以上に、将来に向け、どのような働き方をしていきたいか考える必要がありそうです。
そのため、もし特定の歯科疾患や症例に対して興味を持てれば、踏み込んで知識や技術を養えば、転職時の強みになるでしょう。
得意分野や専門分野を持つことは、ひとりの歯科医師としての需要を維持していく上でも大切なことと言えそうですね。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。