あなたの技術を高めよう!歯科医師としてスキルアップできる医院の特徴とは?

スタッフの成長を支援する施設で研修を積もう

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、歯科医師としての仕事は、
歯科医院の開業医や勤務医として診療に携わることだけではありません。
高度な専門性を強みに、教育分野や研究分野、公職においても活躍しているのです。

臨床研修中や早い段階で、将来どのような歯科医師になりたいか、明確な歯科医師像を掲げることが大切です。
そしてその上で、基礎的な治療技術や知識を確実に習得でき、さらに自身の思い描く将来像に向けて、
必要と思われる専門知識や技術を学んでいかれるような施設で勤務経験を積めば、理想の未来へ効率的に近づくことができるでしょう。
例えば、あなたがインプラントなどの審美や歯並びを整える歯列矯正、
外傷や疾患を治療する口腔外科などの専門分野に興味があるなら、それを得意とする施設を選択し、
歯科医院内外で開催されているセミナーや講習会に参加しましょう。

在籍するスタッフひとりひとりの技術や知識向上を目的に、さまざまな支援制度を充実させ、
結果的にそれが就業先全体の質を上げることにつながると考える歯科医師や経営者がいます。
まずは学びを深められる環境に身を置くことがスキルアップ方法としては、最短で効果的でしょう。
しっかりと環境を見定め、着実に技術を習得したいですね。

臨床研修先を選ぼう

通常、歯科医師の研修医を受け入れる施設は、厚生労働省が設定した、働く歯科医師・歯科衛生士の数や設備、
研修実績、開院歴などについての厳しい基準を満たし、臨床について全面的に指導することができる「歯科医師臨床研修指導医」が在籍しています。
歯科医師臨床研修指導医とは、常に最新の治療技術や知識を身につけている歯科医師のことです。
ベテランの歯科医師が指導にあたる恵まれた環境のもとで研修医時代を過ごすことは、
歯科医師として堅固な基礎を培い高度な技術を習得できる、実り多き時間となるに違いありません。

全国の歯科医師臨床研修施設は、平成27年度の統計調査で2,481施設(協力型含む)が存在し、
所在地はもちろんですが、その施設により得意分野や専門分野に違いがあります。
もし、あなたが一般歯科に加え、ゆくゆくは特定の専門分野について学びを深め、
将来的に専門医や認定医の資格取得を目指したいと考えるのであれば、目指す分野の専門医や認定医が在籍する施設を選択すると、
思い描く未来へ確実に一歩近づけそうですね。

院内勉強会の有無を確認


研修医を終えると、いよいよ一人前の歯科医師として就業することになります。
研修施設にそのまま勤務し続け臨床経験を積む歯科医師もいますが、新たに別の歯科医院や病院、医療施設、保健施設、研究所、製薬会社などに就業し、
大学院の研究者や大学の教員として活躍する歯科医師もいるようです。
しかし、卒業して5年程が経過すると独立開業し、開業医として活躍する道を選択する歯科医師は少なくありません。

どのような道を選択するにせよ、勤務する就業先で定期的に勉強会が開催されているかを事前に確認しておくと良いでしょう。
特に、勤務医として働きながら確かな技術を培っていくことを目的とした、新人育成プログラムは重要です。
経験や能力に応じて作成されたカリキュラムのもとに、段階を踏みながら知識や技術を深めることで、自身の目標や将来設計も立てやすくなります。

また、同じ就業先で開催されるさまざまな勉強会に参加することで、
スタッフ同士の交流を深めることができ、チームワークを強化する効果もあります。
歯科医療とは歯科医師だけでなく、歯科衛生士や歯科助手、歯科技工士などさまざまな職種のスタッフが連携し成り立つため、
同僚との絆を深めることは、医療自体の質を高めることにつながるのです。

就業先によっては、ホームページや求人票などに、過去に開催した勉強会はもちろん、
過去にスタッフが参加した外部セミナーや講習会などを実績として掲載しているため、しっかり確認しておくと良いでしょう。

自身のスキルアップの為にはもちろんですが、そういった学びの場を大切にする就業先には、
志や向上心の高い歯科医師やスタッフが多く集まると考えられ、高いレベルで経験を積むことができそうですね。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。