認定衛生士制度 ~認定歯科衛生士になるのは難しい?

歯科衛生士は国家資格ですが、歯科衛生士の中でも特に専門分野に特化し、その技術、知識を認められたものに与えられるのが認定歯科衛生士と言う称号です。
認定歯科衛生士は様々な種類があり、主に、各歯科学会によってその認定試験が行われています。
インプラント専門歯科衛生士、日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士、日本小児歯科学会認定歯科衛生士、日本歯科審美学会認定歯科衛生士など、学会ごとに認定衛生士制度は設けられています。多くのものは2年~3年の実務経験と、学会への在籍、症例提出と試験でその認定を行っています。

今回は、その中でも難易度の高い「日本歯周病学会認定衛生士」と、比較的気軽に、認定衛生士の資格を取ることができる「ホワイトニングコーディネーター」について詳しくご説明します。

1

 

日本歯周病学会認定歯科衛生士

認定歯科衛生士の中で、最も長い5年と言う実務経験を必要とし、認定衛生士制度の中でも多くの条件をクリアしなくては認定申請のできない、極めて難易度の高いものがこの日本歯周病学会認定衛生士です。
5年の実務経験に加え、5症例の症例報告が必要で、この症例報告の条件がなかなか厳しく、一般歯科診療所では症例を集めるのに苦労することが多いようです。
症例には、初診時からの各セクションでの5枚以上の口腔内写真撮影、精密検査の結果が必要な他、メインテナンスに入ってから半年以上、歯肉に炎症のない状態が保たれたものであることなど、厳しい条件があります。
また、歯周病認定医の下で働いているか、そうでないかと言うのも、認定申請を出す際の条件に関わってきます。(歯周病認定医がいない医院で働いていても、申請を出すことは可能ですが、勤務年数が認定医の下で働いている場合の5倍かかります)

このように、歯周病認定衛生士の認定申請を行うには様々な難関が待っています。
ですが、歯周病認定衛生士の資格を持っていると言うことは、歯科衛生士として、確かな歯周病治療の実績と、知識を持っていることを証明することになります。歯周病治療は歯科衛生士の仕事で最も需要の高いもの。再就職や、フリーランスで活動する際に、強いアピールポイントとなるでしょう。

2

ホワイトニングコーディネーター

日本審美歯科学会が認める、ホワイトニングに専門知識をもった衛生士に与えられる称号です。このホワイトニングコーディネーターは、講習会の受講と、その後の試験をクリアすれば与えられる、比較的難易度の低いものです。
更新のためには、学会出席などのノルマがありますが、初回申請時には厳しい条件はないので、新卒衛生士でも、気軽に、認定衛生士の第一歩としてチャレンジできる資格です。

 

認定衛生士制度についてお分かりいただけましたか?
このように、認定衛生士制度には様々な種類があり、その難易度もそれぞれです。ご自身の、これからのキャリアプランや、専門としていきたい分野を考え、認定制度の利用を検討するとよいでしょう。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。