歯科医院で働く際の「見る視点・ポイント」のまとめ for 歯科衛生士

就職活動を始めたはいいけど、どんな医院が働きやすいのかよく分からない
という衛生士さんが多いと思います。
そこで今回は医院を見る視点・ポイントをご紹介します。

悩む

必ずおさえるべき3つの視点・ポイント

1 違法行為の有無

歯科衛生士は国家資格が必要なため、患者さんの歯の健康を守るための予防処置などで
口の中に触れる行為ができますが、それを歯科助手が行うことは違法行為です。
また、診療放射線技師法というものもあり、レントゲンの撮影は医師、歯科医師、
診療放射線技師のみで、歯科衛生士、歯科助手、そして看護師であっても行えません。
これらを踏まえて、国家資格の持たない歯科助手において、代表的な違法行為
の例をご紹介します。
・歯垢や歯石を取り除く行為(スケーリング)
・レントゲン撮影のセッティング、レントゲンの撮影ボタンを押すこと
・麻酔注射をすること
・詰め物やかぶせ物を患者さんに装着する行為
・歯を削る行為
・印象材で印象(歯型)を取る行為
・噛み合わせを取る行為(咬合接取)
・フッ素塗布 ・歯ブラシ指導

主にこれらの行為が禁止されています。
ただし、歯型をとるための印象材を練ることや唾液を取るバキュームなどは
歯科助手がおこなっても問題ありません。
最近は、歯科助手の違法行為で書類送検されるなどのニュースも流れることがあるので、
歯科医院でも違法行為には気をつけています。

2 院長やスタッフの患者さんへの対応

どんなに診療方針や技術に共感していても、患者さんへの対応や態度に疑問を抱くようで
あれば、長続きはしません。自分が患者になった時に、「この医院で治療を受けたい」と思
えるような医院を選びましょう。ドクターやスタッフの対応で医院を選ぶ患者さんは多くいら
っしゃいますし、医院の評判は患者さんの口コミで広がります。

3 新人教育の環境

これは主に新卒の方向けですが、経験がなくこれから実務を学んでいく場合、新人教育の
環境が整っているか否かで今後が大きく変わってきます。
医院が即戦力を求めているのか、それとも人材を育てていくのかはきちんと医院見学の際
などに確認しておくことが重要です。「新人教育プログラムがしっかりしている」というのが
新卒での就職活動では理想的といえます。

092307

医院見学の際の視点・ポイント

次に医院見学で、歯科衛生士さんがどんなところを見ているかご紹介します。

・歯科衛生士の主な業務

自分がやりたいことが実現できる現場なのかきちんとお話を聞いてください。
予防歯科には力を入れておらず、実務は診療補助や雑務ばかりだった場合、
モチベーションは下がってしまいます。

・器具の滅菌などの衛生面

スタッフとしても患者さんとしても、衛生的にきちんとしていない医院に魅力は感じない
と思います。器具の衛生管理や感染予防など、しっかり行われているかもポイントです。

・スタッフの動き

同じ歯科衛生士だけではなく、歯科助手やドクターがどんな動きをしているか見ましょう。
空いた時間をどのように活用しているか、スタッフ間の連携は取れているかなど確認して
おくことで、その医院の雰囲気やスタッフの意識などがわかります。

医院選びの際に必ずおさえておきたいポイントと見学の際のポイントを紹介しました。
この他にも、診療内容が自費中心か保健中心か、本当にぺリオや予防治療に力を
入れているかなどご自身の希望する診療方針によって見るべきポイントは増えていくと
思います。
スタッフ間の仲の良さや、通勤時間、月給なども大切ですが、それだけに捉われず
働きながらやりたい事が叶ったり学べる環境をぜひ見つけてください。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。