第1回歯科医師合同就職フェア参画医院 みちのくグループ様

今回は前回ご紹介したうえの歯科医院様と同じく、昨年9月に東京で開催された歯科医師向け合同就職フェアにご出展された、みちのくグループさまにお話しを伺いました。

松清先生に聞く!入職のきっかけ

黒のユニフォームが松清先生

黒のユニフォームが松清先生

(以下【松清】松清先生 ※敬称略)

【松清】私がみちのくグループと出逢ったのは昨年9月に東京で行われた合同就職説明会でした。様々な医院様の話を聞いたり、実際に見学もさせて頂きましたが、その中でもみちのくグループは自分自身の診療技術の向上、キャリアパス、労働環境など、総合的に判断しても自分にとって一番メリットがある、と判断出来たため、みちのくグループに就職する事にしました。

当日のみちのくグループのブースの様子

当日のみちのくグループのブースの様子

――現在のお仕事内容をお教えください。

【松清】歯科医師としてのキャリアはまだ2年ですが、みちのく直営医院の副院長のポストと準直営医院の院長のポストを務めさせていただいています。
副院長を務めている医院では主に臨床経験を積む事を主眼にしており、歯科医師としての人格や技術の向上に努めています。
院長を務めている医院では指導医と私だけの歯科医師2名体制で行っておりますので、患者さまが医院に来られてから帰られるまでの全ての業務を2人で行っています。基本的に私にほぼ全てを任せて頂き、何か困った事があれば指導医に相談出来る体制を整えていただいています。

――今後のキャリアプランをお教えください。

【松清】まずは院長としてのキャリアを3年間積むことを考えています。みちのくグループでは分院長を3年間務めると、好立地の物件や居ぬき案件などを用意してもらえて、格安で開業させてもらえます。また、みちのくグループがやっている海外事業にも私自身興味がありますので、今後のキャリアの中にそれらを取り入れる事も考えています。様々な多様性を取り入れながら、私自身のキャリアをより豊かなものにしていきたいと考えています。

みちのくグループ正井理事長に聞く!フェア出展でのコミュンケーションポイント

みちのくグループ 正井理事長

みちのくグループ 正井理事長

(以下【正井】正井理事長 ※敬称略)

──フェア出展のきっかけをお教えください。

【正井】我々みちのくグループは、日本では数少ない全国展開の歯科医院です。日本で初めての試みである“歯科医師就職フェア”の話を聞いたとき、これは必ず参加して、多くの若手の先生に“みちのくグループ”のことを知ってもらわなくては!と強く思いました。と言いますのも、当グループのコンセプトは『若手ドクターや、女性ドクターのキャリア形成と開業支援』をモットーにしているからです。フェアを通じて多くのDrとの接点を持つことを期待して参加しました。

――ブースにてお話をされたポイント・内容はどんなものなのでしょうか。

【正井】当グループは、若手ドクターや女性ドクターにとって非常に珍しい就職先です。入職直後からの自由診療の開始、早期の分院長就任と経営トレーニング、集積性の高い開業地や物件を用意する開業支援、私自身が開発した、みちのくグループオリジナルの治療法の伝授など、他の歯科医院では絶対に体験できないキャリアについて、そしてもちろん、当グループならではの卒後2年目からの好待遇(月給40万円以上)についても、その理由や考えを熱く語らせていただきました。

――みちのくグループにおける採用のポイントをお教えください。

【正井】採用のポイントは、これも非常にユニークです。“野心がある” “開業希望” “コンプレックスがある” “自信がない” “女性一人では不安だ”・・・こういった思いを抱えている方であれば、どんな人でも採用します。年齢も、性別も、浪人、留年、国試落ち、保険医取消、何も関係ありません。何かしら歯科の世界で一人でやっていくことに不安を持つ人、逆にはっきりとしたプランや野望がある人、どんな人でも面倒をみる覚悟で採用をしています。

――今回ご採用された松清先生に期待されていらっしゃることは、どんなことでしょうか。

【正井】松清先生は、最初からユニーク極まりないドクターでしたね。共通の知り合いがたくさんいることで意気投合したのですが、松清先生の目的意識の高さと、大いなる野望にとても興味を持ちました。一歩間違えば周囲からは“中二病”とも取られかねない、彼の夢と個性は、うちこそが発揮できる場所だという自信がありましたので即採用させていただきました。松清先生には『歯科の勝ち組経営者となれ。そして若手ドクターに憧れられるクラスに成れ』と期待も込めて、話しをしています!

――みちのくグループの今後についての展望をお聞かせください。

【正井】我々は、どんどん若手ドクターや女性ドクターを採用して行きます。当グループには早期保険診療から自費診療のすべてまでを高濃度で習得できるプログラムがあり、1、2年で必ず一通りの全診療(インプラントや矯正を含む)が出来るところまで育成します。その後は必ず分院長経験を積んでもらいます。勤務医と分院長は全くの別ものと考えています。やはりみちのくの真骨頂である『高収益・高自費率の経営ノウハウ』をどんどん多くの若手や女性ドクターに伝えていきたいですね。

 

今回就職フェアを通じて、みちのくグループにご入職された松清先生、グループトップでいらっしゃる正井理事長、お二人に共通して言えるのは、歯科業界に対して無限の可能性と希望、業界活性のための熱い思いを感じました。
合同就職フェアを通じてのご縁が、少しでも歯科業界の活性化に繋がっていることが実感できる取材に、編集部も熱くさせていただきました!
お忙しい中取材にご協力いただきました、正井理事長、松清先生ありがとうございました!

今後も、デントプレスでは合同就職フェアでの素敵な“ご縁”をご紹介して参ります。

次回をお楽しみに!

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。