第3回歯科医師合同就職フェア参画医院 医療法人社団きぬた会 きぬた歯科様

2015年8月に東京で開催された歯科医師向け合同就職フェアにご出展され、
Dr2名のご採用が決まった医療法人社団きぬた会 きぬた歯科様にお話を聞きました!

~飯島健太先生&関谷聡士先生に聞くご入職のきっかけ~

img_0934

ーフェアに参加されたきっかけを教えてください。
(Dr飯島)
関東地域での就職を希望していました。1度で多くの歯科医院が出ているので、話を聞くには絶好の機会だったので、足を運びました。
(Dr関谷)
私は友人から誘われて一緒に行きました。出ている歯科医院の中には院長が来ているところも多く、トップの話が聞ける貴重な時間でした。
ーきぬた歯科様の第一印象を教えてください。
(Dr飯島)
当日配られたリーフレットの写真が印象的でした。多くの歯科医院が一覧で載っていたのですが
男のDrだけで楽しそうにしている写真は部活を思い出しましたね(笑)
(Dr関谷)
ブースで医院内の設備や働いている方々のスライドを見たのですが、清潔感があり、明るい印象を持ちました。あとは院長もフレンドリーだったのが良かったです。

277
ーフェアに参加していた先輩スタッフや人事担当者との会話で印象深かった話があれば教えてください。
(Dr飯島)
勤務医の先輩がインプラントについて、治療の選択肢の1つとして自信を持って提案できると話していたことです。それを可能にしているのも充実した教育システムがあるからということを丁寧に説明してもらいました。また様々な患者層を担当医制で診るということで、一連の治療経過が診れるということですかね。
(Dr関谷)
1つの医院で10人以上のDrが勤務していることです。1つの物事に対しても複数の切り口から意見をもらうことが可能ですし、派閥などもなくみんな密にコミニュケーションがとれていることは大きいと思います。こうした環境でたくさん知識を得て、実践を通して成長していきたいです。

ー就職の決め手はどこでしたか?
(Dr飯島)
Drの人数の多さ、職場の雰囲気の良さです。フェアで話をきいて良いなと思っていましたが、実際に見学をして、さらにその思いが強くなりましたね。
(Dr関谷)
飯島先生が言ったことに私も同感です。あと個人的に大きかったのは院長の人柄です。災害があった際に「大丈夫か、けがなどしていないか?」とメールを頂きました。その時の自分はまだきぬた歯科に就職もしていませんでしたが、そういった人に対しても気遣いをされる姿に惹かれましたね。

img_0949

ー現在取り組んでいることについて教えてください。
(Dr飯島)
保険から自費まで幅広く携わっています。新卒入社ですが、充実した教育プログラム、院長の熱心な指導もあり、インプラント治療も経験できました。
(Dr関谷)
治療の技術というところもそうですが、患者さんとのコミニュケーションや気遣いなども意識して取り組んでいます。

ー今後のキャリアプランを教えてください。
(Dr飯島)
患者様に自信をもって治療プランを提示できるDrになりたいです。
(Dr関谷)
自分で開業することが1つの目標です。そのために患者さんに信頼される技術(治療・接遇)を先輩方、きぬた歯科で学びたいと思っています。またインプラントは特別なものではなく、あくまで治療法の1つとして患者さんに勧めることができる技術を身に着けたいです。

きぬた久和院長に聞く!フェア出展でのコミュニケーションポイント

14938126_1261789157205478_3103385492030040700_n
ーフェア参画のきっかけを教えて下さい。
今回は来年中に開業を目指すDrがおり、募集に至りました。当院は現在まで臨床研修を修了した直後のDr以外を就職させたことがありません。そのため初心者を教えることに経験と自信があります。このフェアのほとんどの参加者が経験を積んでいないDrであるという点がマッチしていました。

ーフェアでは何をポイントにお話をされましたか。
当院は年間のインプラント実績(H28年度現)2500本を超えています。その実績は日本口腔インプラント学会の調べで最もインプラント治療を行っている、大学病院の2倍以上になっています。インプラント治療にはDr全員が携わっており、前年度入社した新人Drは年間で25の症例のインプラント治療を行いました。その教育・指導はきぬた歯科のみならず、ストローマン社を挙げてのバックアップ体制もあり、着実に力をつけています。これだけを話してしまうとインプラントに振り切っているように聞こえますが、当院は、インプラント以上に保険診療を大切にしています。日本の制度の中でDrとしてやっていくには、また将来に色々な選択肢を持つには保険診療は貴重なものと考えています。そして並行して学ぶのがインプラントであるという位置付けです。インプラントは特別な治療ではなく、あくまで有効な治療法の1つだという点をお伝えしました。

ー貴院の採用のポイントを教えてください。
歯科医師免許という強い武器を持ち、自身のビジョンに向かって、どんな環境で、そしてどのように武器を使うかがこれからの「勝負」になってくるのではないでしょうか。この考えに賛同できる人材を求めています。以前はうまくいく歯科医院は10軒に1軒でしたが、今では100軒に1軒という時代になっています。その1軒が診きれない患者様を99軒が分け合っている時代になっています。きぬた歯科では100軒中の1軒、100人のDrで1番になりたい、人生を充実させたいと漠然とでいいので考えられるDrを希望します。そこに留年や国家試験浪人などは関係ありません。

135

ーお二人の今後に期待していることを教えてください。
2人は臨床研修先が個人病院、大学病院と全く違う環境でした。そしてDrとして学んだことにも違いがあり、その視点は私たちにとっても大きな刺激となりました。彼らにはきぬた歯科で当たり前の、それでいて他医院では決して学ぶことができないことをできるだけ多く学んでほしいと思っています。将来、2人は地元の新潟と栃木に帰り、開業を目標としているそうです。きぬた歯科を退職するDrはほぼ100%開業します。開業して5年以内に年間売り上げが、1億円以上を達成するDrは、当院卒業の80%です。その80%に入ってもらいたいのはもちろん、地元の歯科医院の中で1番になってほしい。だからこそ彼らが1番になれる指導を今後も続けていくつもりです。1人1人の成長にコミットする。そのスタンスをブラさずに、院長として、先輩歯科医師として今後も向き合っていきたいと思っています。

*************************
医療法人社団きぬた会 きぬた歯科
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町5486-3 リバーサイド中河1F
http://www.kinutasika.com/
TEL 045-935-1186 0120-045-182
<きぬた歯科の勤務医 顔先生のインタビュー記事はこちら>
https://dentpress.net/interview/doctorvol1/
*************************


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。

就職フェア最新情報