【プロが指南!労使トラブルのアレコレ】-労災とは?

労災とは

【この記事を書いた人】
プロ・ステ-タス社会保険労務士/国際行政書士事務所
代表 五十嵐 博幸(Igarashi Hiroyuki)

 

労働者災害保険法の目的
労働者災害補償保険(以下、労災保険)は、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行い、あわせて、業務上の事由又は通勤により負傷し、又は疾病にかかった労働者の社会復帰の促進、当該労働者及びその遺族の援護、労働者の安全及び衛生の確保等を図り、もって労働者の福祉の増進に寄与することを目的とする。

適用事業所
労働者を一人でも雇用すれば、強制的に加入することになります。

保険料
賃金総額に業種別の定率を掛けて算出し事業主が全て負担して支払います。

労災の認定
事故や怪我が労働者災害補償保険の適用されるものか否かを判定することを言います。
これは、労働基準監督署が判断するもので、会社や院長が判断や認定するわけではありません。

認定の可否には次の考え方があります。まず、その怪我や事故は労働者が使用者の支配下にある状態であったかどうか。これを業務遂行性といいます。次にその怪我や事故は業務に起因するものか。というもので業務起因性といいます。労災認定されるには、この二つが揃っている必要があります。
業務遂行性がなければ業務起因性も成立しません。また業務遂行性があれば必ず業務起因性があるとは限りません。業務の遂行中に業務に起因する負傷、疾病、障害、死亡等が発生してこの二つが揃うことになります。そこで初めて認定されるかどうかの俎上に上がることになります。

労働者災害補償保険が適用される場合にどんな給付があるか主なものを理解します。
各種給付がありますので、事故から治癒するまでの段階で紹介します。

療養補償給付(診察代、薬代)
怪我をして病院で診察、治療を受けた場合

休業補償給付
負傷、疾病で休業した場合、休業した日に対する補償で1日当たり給付基礎日額(平均賃金とほぼ同額)の6割を支給します。

傷病補償年金
業務上又は通勤により負傷し又は疾病にかかった労働者が療養開始後1年6か月を経過した日、又はその日以後に負傷又は疾病が治らず、負傷又は疾病による障害の程度が労災保険法の傷病等級(1級から3級)に該当し、その状態が継続している場合に、その障害の程度に応じて支給されます。

障害補償年金(障害が残った場合)
障害等級1~7級に該当した場合に年金として毎年一定額を給付

障害補償一時金
障害等級8~14級に該当した場合に一時金として一度だけ給付

遺族補償年金
死亡した場合、遺族の年齢と人数に応じて額が定めてあり年金として毎年その額を遺族に給付

遺族補償一時年
年金を受ける遺族が居ない場合に他の先順位の遺族に一時金として給付されます。

この様に労災は仕事中に事故や怪我をしてしまう従業員の経済的な損失を負担緩和する為に国が運営する強制加入保険に会社が保険料を払って加入している保険です。ですから労災認定がされれば労働者は、安心して治療に専念することが出来ますし、重篤な災害に見舞わ死亡してしまった場合や障害が残り、それ以降の収入が途絶えてしまったり等、十分に働くことが出来なくなってしまう事に対して、遺族や本人に対する一定の給付がされることになります。

次回は、「傷病手当金」とは?と題して、お送りいたします。

《労使トラブルに関するご相談・お問合せはお気軽にどうぞ》

プロ・ステ-タス社会保険労務士/国際行政書士事務所
代表 五十嵐 博幸(Igarashi Hiroyuki)
http://hakenrider.com/
TEL 03-3525-4518
email pro-status@kcf.biglobe.ne.jp


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。