【プロが指南!労使トラブルのアレコレ】-国民年金とは?

国民年金とは?

【この記事を書いた人】
プロ・ステ-タス社会保険労務士/国際行政書士事務所
代表 五十嵐 博幸(Igarashi Hiroyuki)

 

 

 

 

今回は、国民年金の知っておきたい内容を簡潔にまとめてご説明します。

国民年金とは自営業者等だけではなく、厚生年金保険の保険加入者とその配偶者に対して給付する年金です。日本の年金制度は、2階建ての構造になっていて1階部分を基礎年金と呼び、国民年金がそれに該当します。一方2階部分は、給与所得者いわゆるサラリーマンの方が加入する厚生年金保険です。簡単に説明しますと、サラリーマン等の勤め人の方で厚生年金の加入者は国民年金と厚生年金の2つの年金制度に加入することになります。自営業者(個人事業主)は国民年金だけに加入することになります。

◆国民年金に加入しなければならない人は?
国民年金は、日本に住む20歳以上60歳未満の人は原則、全員が国民年金に加入することになっています。そして、65歳から老齢基礎年金を受けとる仕組みになっています。

◆どのように保険料が決まり、年金額が変わるのか。
年金制度の細かな部分については非常に複雑な構造になっていて金額の計算や加入期間についても詳細に定められています。ですからここでは、ごく簡単な仕組みを説明します。

先ず、保険料の決まり方ですが、国民年金については、定額で1か月あたり、凡そ 16,000円です。これは、年収や年齢に関係なく加入者全員一律で決まっている金額です。年間で約200,000円と考えておけば良いでしょう。
厚生年金については給与の額によって1月あたり、約8,000円~57,000円まで 34種類に分かれています。当然、国民年金の加入者は、国民年金のみ受け取れます。国民年金と厚生年金の両方に加給している方は、両方からの年金給付を受け取ることが出来ます。(注意:両方ともそれぞれに一定の要件のもと、受給資格を得ている必要があります。)いずれの年金も保険料を収めた合計金額と収めた期間によって年金額が決まります。

◆国民年金は、いくら払うと、いくらもらえるのか?
国民年金は40年間保険料を納めた方は、満額を受け取ることが出来ます。満額とは1年間で凡そ780,000円です。

具体例で説明しますと40年間、国民年金保険料を支払い、65歳から日本人の平均年齢(男性81歳、女性87歳)まで生きたと仮定します。その場合、男女とも、納付する保険料は年間保険料200,000円×40年= 8,000,000円

受給できる金額は
男性は、年金受給額780,000円×16年間=12,480,000円 (納付額との差 +448万円)

女性は、年金受給額780,000円×22年間=17,160,000円 (納付額との差 +916万円)

国民年金は、平成29年8月1日より、制度が変わりました。
これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。

上記同様に具体例で説明しますと10年間、国民年金保険料を支払い、受給資格を得て65歳から日本人の平均年齢(男性81歳、女性87歳)まで生きたと仮定します。
その場合、男女とも、納付する保険料は、年間保険料200,000円×10年=2,000,000円

受給できる金額は(※あくまでも凡その金額です)
男性は、年金受給額195,000円×16年間=3,120,000円 (納付額との差 +122万円)

女性は、年金受給額195,000円×22年間=4,290,000円 (納付額との差 +229万円)
という事になります。

平均的な年齢まで存命することが出来れば、つまり言い換えますと、殆どの方が、国民年金に加入することで経済的な利益を得ることが出来ることになります。
得に女性の方は、40年間保険料を納め続けることで男性の2倍以上の経済的利益を得ることが出来ます。

国民年金については、加入率など様々な批判的意見や制度に対する懐疑的な見方がありますが、具体的に数字に直して客観的に見た場合、お得な制度であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

次回は、「厚生年金」と題してお送りいたします。

《労使トラブルに関するご相談・お問合せはお気軽にどうぞ》

プロ・ステ-タス社会保険労務士/国際行政書士事務所
代表 五十嵐 博幸(Igarashi Hiroyuki)
http://hakenrider.com/
TEL 03-3525-4518
email pro-status@kcf.biglobe.ne.jp


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。