コラボ企画!出張研修のご案内-穴沢 有沙さんのブログ「a happy way of life」

こんにちは!

マウスピース矯正研修講師の穴沢有沙です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

突然ですが‥‥!

 

歯科衛生士のみなさんに質問です!

あなたのクリニックの自費治療メニュー、ご存知ですか?

「保険治療と自費治療の違いってなんですか?」

と患者さんから聞かれたこと、ありませんか?

 

歯科医師の先生に質問です!

自費収益を増やしたいのに、スタッフの協力が得られない

押売りみたいになって、患者さんに嫌な顔されたら困る

全て患者さんに自分が説明をしていて、診療に集中できない

こんなこと、ありませんか?
私が臨床業務をしていて日々感じることです。

そして、先生から相談されることもしばしば。
なので、こんな研修を考えました!

その名も
【歯科医院自費率アップ研修】  です‼️‼️
「自費率アップ」というと、ガツガツしているように受け取られることもありますが、
日本の歯科保険制度だけでは、本当に満足のいく治療ができないことは多くの歯科医師の先生方はご存知だと思います。
海外では、口腔内に金属を入れるなんてまず考えられません。
それが日本では保険治療の中でごくごく普通に行われています。
「保険=いいものではない」ことを、私たち自身が理解し、患者さんに提案をすることが必要なのです。
(もちろん保険が悪いものという意味ではありません)

 

“提案をうけて患者さん自身が選択する“

 

そうなんです、選択していただくことが大切なんです。
以前こんな方がいらっしゃいました。

歯を抜くことになったが、何の説明もなくブリッジの治療をされて、あとになってインプラントを知った。

 

あのとき知っていたら、両隣の歯を削らずにインプラントにしたのに。。
と後で悔やむことは残念でなりません。

 

また、こんな方も。
何度も何度も脱離してしまう前歯の差し歯をやりかえた。
完成したが左右非対称で、少し前に出ているのが気になる。
ただ単純に補綴物のやりかえで解決するのか、理想的な状態にするために、複合的に治療を行うのか。
咬合に問題があるのであれば、矯正治療を行い補綴へ移行するという選択肢もあります。

 

この研修の目的は
「自費商品を売ること」ではなく、提案力の向上です。
「本当はこうした方がいいけど、そこまで求めていない“だろう”から説明するのをやめておこう」
「自費は高い“だろう”から、聞かれたら説明しよう」

 

“だろう”と思うのはこちらの勝手なイメージです。
選択肢を与えられなければ、選ぶこともできません。
価値はその人それぞれですから。

そういったネガティヴな考え方を払拭しストレスなく提案できるようになると、私たち医療従事者側だけでなく、なにより患者さんのメリットに繋がります。
「自分で選んだ」治療ですから、しっかり通ってくださいます。
クリニックとの信頼関係も築けます。

 

この研修では提案力アップのために、FABE(ファーべ)という方法を使います。

FABE(ファーベ)とは、売上アップ・成約率アップにつなげるビジネスにおけるプレゼンテーションスキルのことです。
簡単に表すと、4つのステップを学びステップ毎に話すことで話し手のストレスが減ります。
「なぜこの商品がオススメなのか」
「どんな利点があって、これを手にすることでどんな未来が待っているのか」
を、感情ではなく、理論的に伝えることができます。
聴き手も、メリットとデメリットがわかりやすいので判断がしやすくなります。
ドクターが説明にかかりきりになることもなくなり、分担ができます。
スタッフは役割を得て、やりがいを持って働けます。
そんな仕組みを、取り入れてみませんか?

研修についてのお問い合わせは

▶︎DH’sクラブのお問い合わせから

もしくは

▶︎info.dhca2525@gmail.comからお待ちしております!

 

 

 


この記事の筆者:穴沢有沙

マウスピース型歯科矯正装置(インビザライン)のコデンタル向け出張セミナーをしています。 クリニック全体で知識と技術を磨きませんか?