しらとり歯科・矯正歯科

 

喜びも不安もすべて伝わる距離感 誠実に人と向き合い続け、 スキルと人間力を育む歯科医院

どんな医院?

主役として歯科衛生士が活躍できるいいんにしたいと開業当初から考えていました。歯科に来るきっかけは「歯が痛い」とか「欠けた」とかであっても、その後メンテナンスをしっかりと行い健康維持に貢献したいという想いがあります。

完全予約制で予約したら待たせないという医療機関として当たり前のことを当たり前にできるよう努力してきました。歯科衛生士は基本的なスキルだけでなく身だしなみや話し方、電話応対といった社会人としての常識も身につくようなカリキュラムを考えています。患者さんと相対するときには、第一印象が大切です。可愛いとかキレイとかではなく、信頼される外見であること。当たり前のことができてこそ、患者さんから信頼される人間になると考えています。

先輩DHの声:鈴木 奈穂さん 太陽歯科衛生士専門学校卒 (2014年入社)

 

医院見学で院長や先輩方と話して 入社を決めました。 今、仕事が楽しいです!

母親が歯科助手をしていて、その背中を見 ていたので漠然と歯科で働きたいと考えてい ました。高校の進路指導で相談したら、歯科 医か歯科衛生士を薦められて。それまで歯科 衛生士って仕事を知らなかったんです。今 は、歯科衛生士は天職だと思っているので感 謝です。仕事、毎日楽しいです。  しらとり歯科は私にとって、家族みたいな 存在です。家みたいに安心できる。先生はお 父さんみたいな存在。相談したら親身になっ てくれます。

教育カリキュラムがしっかりしているのも 当院の特徴の一つです。一人ひとりに合わせ て柔軟に対応してくれます。入社二年目に教 える側になりました。教える難しさ、理解し てもらう難しさを身に染みて実感し、自分自 身も成長したと思います。  長く通ってくださる方に「私の歯は鈴木さ んが一番良く知ってるから」と言われました。 歯について患者さんから相談されることもあ ります。  先生と相談して治療方法を決めることもあ るので、自分から提案できる人はやりがいを もって働ける歯科医院だと思います。

その人のいい所を伸ばす、 苦手は反復練習

「特に変わったことはしていません。やってることは当たり前のことなんで す」と白鳥院長。「厚生年金や社会保険にも加入しています。親御さんが安心で きるように一般企業と同じ待遇になるよう努力しています。有給休暇もとらせ てます」。個人経営の歯科医院としては破格の待遇である。練習用の機材購入 も惜しみなく、練習用のマネキン(ユニットに付けるもの)と模型は一人一つ。 壊れたら買い替える。キュレット(SRP)も個人持ちスケーラーも十本以上、他 にもスタッフから要望があれば必要なものは購入している。「患者さんのため、 スタッフのためになる」と思うからだ。スタッフのうち三人が新卒で育ってい る。それぞれに個人差がある。時間のかかる人もいるが、急がせることはしな い。「鈴木さんも最初は印象採りが苦手でした。でも今は、誰よりも上手くなっ ています」と白鳥院長。スタッフの仲の良さも自慢の一つ、と語った。

 

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。