医療法人天空会  デンタルチームジャパン

 

 

インプラント治療のフロントランナー 臨床と研究両方の最前線を走る! 社会貢献こそ歯科医師の真髄

 

私たちが大事にしている考え

金山健夫院長 北海道大学歯学部卒 北海道大学大学院修了

当院では、お一人おひとりの患者さんに対して、歯科医師、 歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士などがチームで治療にあた ります。経験や知識、技術を連携しながら口腔内治療をトー タルにサポートしています。  患者さんへの充分な説明や満足していただく治療を行うた めには、歯科医師だけの力では完結できません。医院に在籍 している全職種のスタッフが同じ方向性を向いた視点を持っ ていないとチーム医療は実現できないからです。そのため当院では、歯科衛生士や歯科助手と共に事前に情報共有を行い、 スタッフと連携を取りながら治療を行ったり、歯科衛生士も 学会で発表を行うなどしています。  実現させたいのは、治療によって患者さんの笑顔が増え、そ こから生活の改善につながり、社会に大きく貢献している喜 びをスタッフが感じられる世界です。インプラントは簡単な 治療ではありません。だからこそ、高い技術をきちんと習得 し、患者さんに丁寧に説明した上で、治療の選択肢を増やし患 者さんに噛める喜びを思い出していただきたいのです。

 天空会だからこそ得られること

歯科医師にとって、臨床と研究の両立は永遠のテーマです。 開業医で大学の研究室に籍を置く人がいるのは、その両方の 最前線でいることに意味があるからです。天空会では、その 最先端を担っていることが大きな強みです。インプラントに おいては日本というより世界をリードしている自負がありま す。国内外の論文は、学会で天空会が発表したエビデンスを 基にしたものが多数あります。それを可能にしているのは、 研究する環境、人材、チャンスが揃っているからです。自前 のCAD/CAMセンターが完備されていたり、国の癌研究セン ターから患者さんの治療を依頼されるなど難症例も集まって くるため、症例内容も多種多様です。また、その全オペを録画 して歯科医師は週に1度、昼食付で技術の勉強会を行ったり、 指導医が常勤で在籍し、若手歯科医師のスキルアップのために先輩がじっくりと教えるカリキュラムがあるなど教育体制 も万全です。ここまで読んで「敷居が高そうだな・・・」と感じ た方はいませんか?(笑)誰しも最初からできる人はいません。 国内トップレベルの歯科技術を楽しく学びたい、やりがいを もってチームの一員になりたい、という意識があれば、技術の 習得は格段難しいものではありません。向上心があり、スキ ルアップを望んでいる方と共に働きたいと思っています。

次世代の歯科医院を 一緒につくり上げていこう

現在、院長として教育プログラムの作成をしたり、歯科医師 向けセミナーを定期的に開催するなどしています。セミナー は福岡県に限らず、全国各地で開催しています。インプラン トに関わる骨造成手術、補綴物のセット、抜歯などの口腔内全 般の内容です。他方面からの講師依頼も多くあり、歯科医療 全体のレベルアップの一助になりたいと考えています。私の 父は歯科医師でした。笑顔になった患者さんに感謝される父 の姿を見て、父以上に社会貢献できる歯科医師を目指すよう になりました。口腔内に問題があると、心身共に問題が生じます。口腔内の改善は、生活習慣病や認知症などの全身の疾患 に大きく関わってきます。一人でも多くの患者さんに「食べる 喜び=生きる喜び」を感じていただき、生活を豊かにしていただ きたいと考えています。まだまだ私も道半ばです。一緒に歯科 医師として目標を叶えながら世界を広げてみませんか?

 

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。