医療法人社団  ひかり歯科クリニック

 

病気のない社会を私たちがつくる この街の健康をつくる仕事をしよう!

小林 秀樹 院長 東京歯科大学卒

人に寄り添う医療を提供する

幸せな生活を送るためには健康が絶対不可欠です。う 蝕や歯周病を防ぐだけでなく、生活習慣を改善すること で健康寿命を延ばすことに貢献できる医療機関にした いと考えています。歯科医師や歯科衛生士だけでなく、 管理栄養士・保育士など他職種との連携によって自分の 体のことを知って自ら病気にならない生活習慣を身に
つけるお手伝いができる歯科医院を目指しています。
歯科医師としてのベストは結果的に天然歯をそのまま残し ておくということです。それを実現させるために、歯科衛生 士による定期管理型の医療を行っています。この医院の主役 は間違いなく、歯科医師でなく歯科衛生士です。だからこそ 長く、そして安心して働ける環境づくりに努めています。

先輩DHの声 :平山 友路さん 千葉県立保健医療大学卒(2018年入社)

学生時代、一人の患者さんを継続してみる実習があり、その重要性を強く感じました。患者担当制、勉強 会やセミナー参加に積極的、各専門分野の歯科医師や管理栄養士、保育士との連携があること、歯科衛生士 業務に専念できる理想的な環境を探して見つけたのが当院です。  私は成人部署の所属です。患者さんの生活背景までを想像し管理栄養士と連携して治療方針を決めるこ とも。「治療以外でも通いたい」「この医院でよかった」そんな患者さんの 言葉がやりがいになっています。

先輩DHの声 :

越川 恵理子さん 東京歯科大学歯科衛生士専門学校卒(2013年入社)

私の所属は小児部署です。小児では、口腔内の仕組みを理解してもらい、 自分の口に興味を持たせることが重要になります。必ず染め出しを行い、自身 で歯磨きができる年齢のお子さんにはプラークの付着や歯肉の腫れ、出血を鏡で見てもらいます。自分の 口の中を自分で清潔に保てるようになるまで継続して指導を行います。担当制なので、最初に担当した小 1の子はもうすぐ中学生です。精神的・身体的な成長を見守れることがやりがいですね。また、スキルアッ プに励めば、患者さんから感謝されることが多くなり、自身の喜びにつながっています。

この街の必要に合わせ変化していく

ひかり歯科には治療のみ希望の患者さんは一人もいません。一 度来院するとわかるのですが、私たちが提供するのは、一次予防。 予防をすることで、長く健康でありたいという思いは、皆さん同じ なのです。  歯科医師の私は、主に初診・再初診をみます。  患者さんとこの街の病気リスクが予測でき、健康の為に何をす べきか読み取ることが出来るからです。口の中の健康だけ診るの ではなく、全身の健康を口から診るのがこれからの歯科医師だと 考えています。小児からの予防歯科にも力を入れていて、この街 の約半数の0歳児が当院に通っています。  定期管理型に移行して7年程経ちます。歯科衛生士が長く、そ して安心して働ける環境づくりに努めています。社員のまま時短
勤務で働く歯科衛生士や親御さんの介護を終え復職した先 輩たちも多く活躍しています。  成人担当であれば世界的にも標準となる予防歯科を学 び、小児担当であれば食育や口腔育成について管理栄養士 や保育士と共に学ぶことができます。将来的には最先端の 予防歯科を実践し、業界をリードする人材になれるよう教 育しています。

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。