医療法人社団修啓会ふくしま歯科クリニック

最後まで食べる喜びを絶対に諦めさせない
訪問診療を通じ思いやりと優しい心を育てる

 

どんな医院ですか?

クリニックを開業したのは1990年。現在はふくしま歯科クリニックと分院のエンジェル歯科クリニックの2医院を展開しています。昼間の診療が空いた時間を活用してもっと地域の役に立ちたいと思い、訪問診療を始めました。患者さんからは「歯医者さんの訪問なんて知らなかった。うちにも来てほしい」と、看護師である妻の知り合いからは「自分の患者様を診てほしい」と、要望いただきました。そして施設を回らせて頂くうちに口コミで広まり、どんどん訪問の依頼が増えたんです。「患者さんのもとに足を運ぶことでこんなにも感謝してもらえるんだ」と、凄く満足感ややりがいを感じましたね。その後、どこでもクリニック内と変わらぬ質の歯科医院を提供できるよう専用の機材や車を完備させ、本格的に訪問診療に取り組み始めました。

◎自分で見つけた仕事の面白さ

治療に不安を感じる患者さんや、最期を迎える患者さんのご家族はどんな気遣いがあれば安心できるかを考えて接すること。そうした心ある診療ができる人は良い医療人になれるでしょう。AI時代は最新機材を使えば歯科の治療も可能です。だからこそ、思いやりと優しい気持ちをもって患者さんに寄り添ってほしいのです。また、外来と訪問両方を学び、将来身になる経験ができるのも強みの一つ。育成は私が丁寧にサポートしながらできる範囲からお任せし、最終的に担当制を目指します。基礎からの積み重ねや若手から診療に入れる環境を大事にしたいです。この地域はご高齢の方も多く、外来と訪問の両軸で貢献でき、感謝されるやりがいは大きいです。

◎入社して良かったこと

寝たきりの高齢者の方は満足に食べられない人も多いですが、訪問診療を通じてまた噛めるようになると、症状が回復したり認知症も改善されたりまします。口から物を食べるって当たり前のようで喜ばしいことなんですね。また、余命少ない患者さんのご家族から入れ歯の作成を依頼される事も。亡くなった後、美味しいものを食べて逝くことができたとお聞きしたり、入れ歯を大切に柩に入れてくださったり、この仕事のやりがいや意義を感じます。また、食を大切にしてほしいという思いで、診療日は栄養バランス満点の手料理を無料で振舞ってくれます。院長がグルメなので結構こだわっています。最寄りの六町駅まで送迎もしてくれますし、車通勤も可能です。

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。