医療法人社団JINAI 仁愛歯科クリニック

 

歯科医院も社会の一部として機能している。 愛とユーモアをもって 周りの人のことを考えられたら最高だね。

中村 諭 理事長 日本歯科大学歯学部卒

いろんな個性があるから面白いと思うんだ。

僕らの仕事は、社会の中で成り立っている。だから一番大 切にしたいことは「共に生きる」ってことなんだ。例えば、患 者さんで「歯に違和感があるからどうしても今日診てほし い」っていう人がいるとするでしょ?医院としては、予約が詰 まっているから別日に予約を取ってほしい。でもその人に とっては一大事なんだ。だからどうしたらその人を診られる だろうって考えるね。
今後、日本はより人材の多様化が進むと思う。これからの日 本にとって「多様性」や「共生」という言葉はキーワードになるん じゃないかな。海外の人もより一層増えるだろうし、障がい者 雇用も進むと思う。僕は、一緒に働くスタッフの皆もいろんな 個性があって良いと思っているし、社会全体で成長していけた ら良いよね。

自分に合った歯科医院を見つけてほしいね。

学生は就職することに対して期待と不安があるんじゃない かな?それが初めての一人暮らしだとなおさらだと思うけ ど、当院にはこれまで新卒の歯科衛生士さんが毎年入ってる。 関東出身だったり地方出身で引っ越してきたり。そんな歯科 衛生士さんが不安なく仕事をできたら良いなと思ってるよ。 ここだったら同年代のスタッフも多いし、寂しさを感じない んじゃないかな。  あとは自分がどういった医院で働きたいかも考えると良い
かもしれないね。例えば、地方の開業医と東京都心の開業医では 来院する患者さんの数も違えば、診療内容もまた違ってくる。自 分がどういったことを学びたいかだと思うね。うちには、赤ちゃ んから100歳のお年寄りまで本当に幅広い年齢層の患者さんに 通ってもらっているから経験も積めると思うし、歯科衛生士さん には興味があるセミナーに参加してもらったりもするよ。2018 年に3医院目をOPENしたんだけど、開業当初に考えていた予防 を取り入れ住宅地でかかりつけ医として開業したいという夢が 叶ったね。  患者さんにはスタッフ全員ニックネームで呼んでもらったり 距離が近いから、驚いたスタッフもいるみたい(笑)。ぜひ自分に 合った歯科医院を見つけてほしいね。

先輩DHの声 :地方出身の私にとっても 働きやすい環境です。

松居 優衣さん 徳島歯科学院専門学校卒(2018年入社)

私は徳島出身なんですが、東京の23区内の 歯科医院で働きたくて、条件に合った仁愛歯 科クリニックを見学しました。雰囲気が良く て、「ここなら」と思いましたね。昨年の4月 に入職したばかりなので、アシストをしなが らクリーニングを行うこともあります。先輩 は担当の患者さんを持っているので、これか ら教わりながら頑張っていきたいです。  時々、患者さんと話しているときにポロっ と方言が出てしまうことがあり、患者さんか
ら「どこの子?」と聞かれ「徳島です」と答え たら「よく来たね~頑張ってね~」と応援し てくれることも(笑)。同期は宮崎出身の子 がいます。二人いるので心強いですね。今 は、医院の近くに一人暮らししていますが、 先輩も何人か近くに住んでいるので、帰り に皆でご飯に行くこともあります。院長も 気を配ってくれるので、不安はないですね。 スタッフの仲が良くて頼りになるので、こ こに決めて良かったと思います。地方出身 の私にとってもすごく働きやすい医院で す。お子さんの患者さんが多いので、季節 の飾り付けも皆で行います。子どもが好き な人に向いている医院だと思いますね。

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。