医療法人社団SDC オーラルビューティークリニック白金

 

自分の家族にしたい治療、 納得の歯科医療を追及するために 患者さんと働く人のしあわせを 創造する歯科医院

医療法人社団SDC オーラルビューティークリニック白金 歯科衛生士 砂畠 真由さん 群馬県高等歯科衛生士学院卒(2018年入社)

仕事の概要を教えてください

小さいころから歯医者に通っていて親近感があり、歯を磨いたりホワイ トニングに興味がありました。高校時代、大学への進学や医療事務も選択 肢にありましが、親や祖父に話を聞いて歯科衛生士にたどり着きました。  転職して当院に入って、研修プログラムの充実に驚いています。順を 追って研修を行い、定着を確認しながら進んでいきます。自分は審美歯 科の分野に進みたいと思っているので、そのための練習や試験を受けた り、先輩に練習をお願いしています。

やりがいを感じる瞬間を教えてください

患者さんに「一回できれいになった」「「こんなに良くしてくれて ありがとう」とすごく喜んでもらえる瞬間です。歯科は痛くて怖 いと思ってた方から「全然痛くない」「もっと早く来ればよかった」 「あなたにまたお願いしたい」と言われると嬉しいです。  前の職場では保険診療の制約があったり、ちょっとの痛みが出 ても続けたり、患者さんに希望に応えきれていないと思ってまし た。今は、いいものを提供していると思いながら施術しています。

どんな人が貴院に向いていると 思いますか?

練習は他の人の力を借りるし、周りへの協力を求めるこ とも必要になります。心の中で感謝の気持ちがあると、周 りの人も相談にのってくれます。周りの人に感謝する気持 ちがあれば楽しく働ける医院だと思います。うちはスタッ フ同士仲が良いんです、女の闘いは無縁ですね。ストレス のない職場です。  診療時間が長めなのは、白金という土地柄の特性だと思 います。その代り、週休三日の月があったり夕方に休憩が あったりと、負担にならないシフトになってます。

スタッフ自ら考えることが、組織を変えていく力になる。

園延 昌志 理事長 新潟大学歯学部卒

私たちが大事にしている考え

「今年度テーマと掲げているのが、しあわせを創造する歯科医院。社員幸福度を 高め、一人ひとりの心が健康であれば患者さんによりよい医療サービスを提供で きる、と考えるからです」と園延理事長。トップダウンは極力さけて、ボトムアッ プ型の組織マネジメントが実現するようミーティングを重ね、スタッフそれぞれ がより良い職場にするために何をすべきかを考えさせ、「スタッフ中心のプロジェ クトは職場改善や接遇向上などテーマが決まっています」と語る。

自分の家族にできる 医療サービスを提供する

都内を中心に日本各地や海外からも多く の患者が集まるクリニックは自由診療の割 合が高さが特徴。理事長が掲げる診療コン セプトは、自分の家族にできる医療サービ スを提供する、ということ。「自分の親や家 族に自信を持って薦められる診療をすれ ば、やりがいが産まれると思っています。 専属のカウンセラーがいるので、どんな治 療を受けたいかを時間をかけて患者さんと 話し合います。その結果、自由診療を選ぶ 患者さんが多くなります」。

働きやすい環境を整えるために

「自信が持てない歯科衛生士には、自らの 強みを伸ばすよう指導しています。そし て、患者さんに、あなたで良かったと言って もらえるようにしたいですね。仕事のやり がいをモチベーションにしてほしいと願っ ています」大型歯科ではないのでマニュ アルの完備はないと謙遜する理事長は「マ ニュアルを越えたホスピタリティ、目の前 のことに自分で考える対応力、技術力だけ でなく人間力やカウンセリング能力を育成 したいと考えています」幸福学を取り入れ た人間育成力が強みとなっている。

 

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。