医療法人社団SDC オーラルビューティークリニック白金

 

自分の家族にしたい治療、 納得の歯科医療を追及するために 患者さんと働く人のしあわせを創造する 歯科医院

入社した理由は SDCの“理念”

ここは最初の転職で選んだ医院でし た。以前のクリニックの方針になかなか 慣れる事ができずに悩んでいた時、昔お 世話になった先生からの紹介でオーラル ビューティークリニック白金のことを 知ったんです。見学に行き、患者さん、地 域の人々、そしてスタッフの事を大切に したいという院長の思い、これからの歯 科業界を変えていきたいという“熱意” に感動して就職を即決しました。その頃 から漠然とですが「将来は開業したい」と いう夢もあったので、インプラントなど 数多くの自由診療を経験できる環境も魅 力的でした。また、院長の感覚に頼らな い理論的・実践的な経営スキルを身に付 ける事ができれば、将来絶対に役に立つ と思いました。

SDCだからできること、 得られること

私は最初、「親が歯医者だから」という 動機で歯科医師という職業を選びまし た。今では、こんなにやりがいがあって、 奥が深い仕事はないなと感じています。 研修医の頃に「保険診療は歯科医の基本 だがスピード重視になって手つきが荒く なる。癖がつくと、なかなか抜けない」と 言われました。その言葉の意味が今に なって理解できるようになりました。保 険診療メインから自由診療メインへ移行 するより、その逆のほうが将来の選択肢 が広がると考えています。新卒でも自由 診療はそれほど大変ではありません。周 りのサポートのある環境ならできると思 います。将来的には地方に戻るのです が、今の経験は無駄にはならないと感じ ています。

 

今後の歯科医師に 求められること

DRの能力で病院を回す医院は多くあ りますが、当院はチーム力で医院を動か しています。自分に何が出来るかを考え て多角的にアプローチしていくところ が他と大きく違うところだと思います。 「スタッフさんが丁寧に接してくれるか ら、この医院に通う」という患者さんも多 くいます。白金という土地柄もあるので すが、お金がかかっても信頼できる人に 任せて健康を保ちたいという患者さん が多く、ホスピタリティの大切さ、歯科医 師として成功するために大事なことを学 べていると感じています。これからは対 “人”が大切になると。患者さんの望む 生活スタイルや人柄を知って治療する必 要があります。1人の患者さんにいかに 集中して対応できるかが重要です。

 

私たちが大事にしている考え

「今年度テーマと掲げているのが、しあわせを創造する歯科医院。社 員幸福度を高め、一人ひとりの心が健康であれば患者さんによりよい医 療サービスを提供できる、と考えるからです」と園延理事長。トップダ ウンは極力さけて、ボトムアップ型の組織マネジメントが実現するよう ミーティングを重ね、スタッフそれぞれがより良い職場にするために何 をすべきかを考えさせ、スタッフ中心のプロジェクトはテーマを決め職 場改善や接遇向上などを目指す。

 

自分の家族にできる医療サービスを提供する

都内を中心に日本各地や海外からも多くの患者が集まるクリニックは自由 診療の割合が高さが特徴。理事長が掲げる診療コンセプトは、自分の家族に できる医療サービスを提供する、ということ。「自分の親や家族に自信を持っ て薦められる診療をすれば、やりがいが産まれると思っています。専属のカ ウンセラーがいるので、どんな治療を受けたいを時間をかけて患者さんと話 し合います。その結果、自由診療を選ぶ患者さんが多くなります」。

 

働きやすい環境を整えるために

「若い歯科医師には、数をこなすのではなく技術と知識を高いレベルで習得できるよう指導して います。患者さんに感謝される歯科医になって活躍してほしいと可能な限りの整備を行っていま す」。専属のカウンセラーが患者対応するなど、DRは治療に専念することができる。マニュアル が完備しているわけではないので、と謙遜する理事長は「マニュアルを越えたホスピタリティ、目の 前のことに自分で考える対応力、技術力だけでなく人間力を育成したいと考えています」と語った。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。