医療法人社団 ひかり歯科クリニック

 

人生の舵は自分でとる!

 

「健康観」を変化させ、健康寿命を延ばす。
そんな未来をひかり歯科から発信していきたい!

 

 

入社のきっかけ&現在の仕事内容

寺田さん:歯科衛生士の万尾を深められる環境で、生まれ育った町の健康を支えたい。そんな思いから元々知っていたひかり歯科クリニックに入職しました。

平山さん:当院では保育園や小学校とも連携し、0歳児から大人まで通える予防歯科を実践しています。

自分で見つけた仕事の面白さ

寺田さん:私は小児歯科担当のため、会話を通じてお子さんと心が通じたときや、行動に変化が現れたときに喜びを感じます。

平山さん:担当制で患者さんを継続的にみれるため、自分が行った治療に対する変化を感じられることが面白みだと思います。寺田さんは自分の仕事に集中しつつも、他の職種と連携し、視野を広く見れてるなと思います。声掛けも上手ですし、寺田さんの元気な声で診察室の雰囲気も明るくなっています。

寺田さん:子供と話すことが元々好きなので、周りを巻き込んで楽しく仕事が出来ればいいなと思っています。

自分はどう変わったか?

寺田さん:私は転職してこの医院に入りました。前の職場では冷静さや効率を求められましたが、今は知識量や誠実さが重視され、インプットの機会も多く自分のために働けてる実感があります。

平山さん:さらに当院は、スタッフ同士の職場の雰囲気がとても良いんです。先輩後輩に問わずお互い尊敬しているのが伝わってきますね。

寺田さん:先輩から診療のことだけでなく、社会人としての行動やあるべき姿を教わったことが印象的でした。症例に対しても、自ら計画・立案するプロセスを踏むことで、自ら考える力がついてきたと思います。

上司にインタビュー

【常に勝ちを生み出し続け、世の中に必要とされる存在になる】

2003年の開業から地域の方々へ予防歯科の普及に努め、現在はこの横芝町の0歳児の約半数が当院に来院しています。日々の診察に加え、口腔機能トレーニングや栄養相談、定期的なセミナーを通じ、地域の患者様の「歯」や「健康」に対する知識も変わってきました。今後も新しいチャレンジや外部への啓蒙活動を強化し、歯科の可能性をより一層広げることで、地域になくてはならない医療機関でありたいです。

「人材育成で大事にされていることを教えてください」

「自分が何をすねきは知る力」「足りないものに気づき補う力」は一朝一夕で身につくものではありませんし、一方的に伝えるものでもないと思っています。新人スタッフには研修で多様な価値観や上質な情報に触れ、何を感じ、どう活用していくかディスカッションを行うことで、自発性のある人材を育成するようにしています。

 

「スタッフの寺田さんのどんなところが成長したと感じられますか?」

当初は求められる歯科衛生士像の違いに戸惑うこともあったようですが、今は持ち前のコミュニケーション力を活かし、保護者とお子さんとの距離感も上手に取っていますね。はっきりと伝えるけれど、教え子を心配する先生のような雰囲気で。行動力やリーダーシップもあり、将来は後輩を引っ張る存在になってくれると思います。

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。