医療法人将和会

 

新卒の自分でも成長を感じられる、
そんな将和会に入ってよかったです。

 

 

どんな医院ですか?

私は新卒で将和会に入ったのですが、きちんとカリキュラムに沿ったマニュアルがあるので、不安なくスタートすることができました。新人には、一人ひとり先輩スタッフがついてくださいます。そして、歯科衛生士としての仕事に専念できる医院だとも思います。当院には”歯科衛生過程”というのがあります。”歯科衛生過程”は患者さんに症状に関する情報をあらゆる側面からヒアリングし、歯科衛生士の視点で治療計画を立て携わっていくという取り組みです。まだまだ始めたばかりですが、この考え方にすごく興味があり、一つずつ学んでいるところです。将和会は、一般診療からインビザラインのマウスピース矯正や摂食嚥下なども学ぶことができ、成長できる環境だと思います。

自分で見つけた仕事の面白さ

口腔領域と健康を保つことは心身の健康に繋がるため、予防処置・保険指導を行う歯科衛生士という職業は意義があることだと改めて感じました。それと同時にもっと知識を深めていきたいと思うようになりました。日々、先輩の患者さんへの対応の仕方や歯科衛生士としてのスキルを見て学んでいます。私が仕事をする上で大切にしていることは、常に学ぶ姿勢を持つということです。これは先輩を見ていれ私もそうしよう!と思いました。覚えることがたくさんあり大変と思うこともありますが、充実感でいっぱいです。分からないことや不安に思うことなど、先輩が優しく丁寧に教えてくれるので、何事にもどんどんチャレンジしていけます。

入社して良かったこと

カウンセリングやコンサルティングを任せていただけたことで、より患者さんの生活背景から意識して介入するようにし、それにより患者さんから嬉しい言葉をいただけるようになりました。先輩は、年齢関係なく、一人ひとりの意見をしっかり聞いてくれるので、日々頑張ろうと思えるし、前向きに仕事ができるので、SRPやメンテナンスなど、歯科衛生士としての手技のスキルを上げたり、インビザライン矯正や摂食嚥下などの高齢者歯科の知識も身につけることができました。自分自身の成長も感じながら、患者さんからも感謝の言葉をいただける仕事ができる将和会に入って良かったと思います。

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。