こがはしもと歯科医院

 

人として成長できる仕事!

 

こがはしもと歯科医院で得たことは
仕事のやりがいと歯科衛生士としての自覚

 

スタッフインタビュー/工藤 咲希さん(北海道医療大学歯学部附属歯科衛生士専門学校卒 衛生士歴2年)

入社のきっかけ&現在の仕事内容

先輩が当院に勤めていて紹介頂きました。見学時にスタッフの皆さんが優しく歓迎してくれ、親元を離れて頑張ろうと思いました。 訪問診療では、口腔ケアや摂食機能訓練等を実践しています。また「歯と口の健康週間」等のイベント、学術大会へも参加しています。

自分で見つけた仕事の面白さ

学生時代は勉強が苦手だったので、知識は人より少なかったと思います。それでも臨床に出てから多くの事を学びました。勤務のはじめの頃は、知識を頭に入れるのに精一杯でしたが、今ではユニット4台へ効率よく患者さんが導入してもらえるよう考え、動けるようになりました。SRPにも時間がかかってしまい、患者さんや先生へ迷惑をかけた事もありましたが、今ではスムーズに歯周病メインテナンスも出来るようになりました。いろいろ試行錯誤しながらでしたが、3年目になって技術がついてきたなと思います。

自分はどう変わったか?

訪問診療では患者さんの死に向き合う事もあります。これまでいつもと変わらずお話していた方が急に亡くなられて落ち込む事もありますが、お参りさせて頂き患者さんのご家族に感謝して頂いた時は、頑張って良かったな…と思います。私達が出来る事は多くはないと思いますが、患者さんやそのご家族に寄り添い、人の役に立てる仕事だと思います。そうした経験を通して社会人になって自覚と責任を持った行動が出来るようになりました。患者さん一人ひとりに対し常に緊張感を持つようにしています。今後もこうした気持ちは忘れずにいたいです。

上司からインタビュー

【目指すは、明るく楽しくコミュニケーションを取れる歯科医院】

患者さんにはご希望をよくお聞きし、可能な限り保険診療の範囲内で最良の治療が出来るよう心がけています。また、患者さん自身に口腔内の状態を理解して頂くため、口腔内写真や歯周検査などを用い、歯科衛生士と共に説明しています。普段から患者さんと「よく話す」コミュニケーションを図るようにしています。スタッフへは上記のことが自然に実践出来るよう先輩衛生士と共に優しく教育し、明るく楽しい歯科医院を目指しています。

 

「人材育成で大事にされていることを教えてください」

人それぞれの個性を最大限活かせるようにしています。人間誰しも得手不得手があります。得意な所を引き出せるよう教育担当のスタッフと相談しています。また、院内のコミュニケーションだけではなく、食事会なども開催してスタッフ間の仲が深まるような時間も設けています。一度見学に来て頂くと雰囲気が伝わると思います。

 

「スタッフの工藤さんのどんなところが成長したと感じられますか?」

 

私も学生時代決して優秀ではなかったので気持ちがわかりますが、工藤さんは入職当初から謙遜して「学校で成績良くなかったんです…」と言っていました。でも工藤さんは当院が最も大切にしている「話す」という点が優れており、お子様からご高齢の方まで年齢に沿った会話ができるようになっていて、今後益々期待しています。

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。