医療法人社団JINAI 仁愛歯科クリニック

新しいことにチャレンジしていく!

 

 

働く先輩にインタビュー

苦手を克服し、自分に自信を持てたのは
コミュニケーションの大切さに気付けたから。

◎入社のきっかけ&現在の仕事内容
清水さん:就活サイトでの紹介をきっかけに入職しました。数多くの患者さんがいる為、多様な治療・症例に触れられ学ぶことが多いです。
澤邉さん:様々な大学の先生がいる為、不明な症例についてアドバイスを頂け、治療計画も質問でき、安心できる環境です。

◎自分で見つけた仕事の面白さ
清水さん:実際の症例の中で、治療プランだけでなく、患者さんに理解してもらう為の説明も丁寧に教えて頂けるので、安心して患者さんに向き合えます。CRやクラウンで患者さんの形態・機能が回復し、喜んでもらえると自分も嬉しくなり、もっと頑張ろうと思えますね。
澤邉さん:保険診療の流れや患者さんに対する接し方を学んだことで、患者さんとよく話し合い、治療の方針を決定するようにしました。治療中の患者さんの表情をよく観察し、どうしてほしいかを読み取り、患者さんの希望に沿った治療を行うことができるよう努力しています。

◎自分はどう変わったか
清水さん:臨床での実際の治療の手技や説明の仕方などが身に付き自信が持てたことで、患者さんの治療に際して、リスクやメリット・デメリットをきちんと理解してもらう為に、しっかり、ゆっくり、はっきりと話ができるようになりました。
澤邉さん:先輩にアドバイスを頂いたり経験を積んだことで、なるべく丁寧に麻酔をしたり痛みの少ない治療を行えるようになりました。以前までは、治療開始時に怖がったり痛がったりする患者さんがいましたが、最近は「麻酔も痛くなかったです」と言って頂け、とても自信がつきました。

上司にインタビュー

◎患者さん・スタッフと共に成長し、共に年を重ね、共に人生を歩む
私は、子供は未来の担い手だと思っています。少子高齢化がますます加速する中で、子供も地域で育てたら良いと思っているし、その方が私たちも楽しいですしね。当院がこの地域のコミュニティを守る存在であれたら嬉しいです。患者さんやスタッフもある意味大家族のようなもので、共に成長し、共に年を重ね、共に人生を歩んでいきたいです。2007年に開業し、現在は3医院となりました。ここからが本当のスタートだと思っています。

◎人材育成で大事にされてることを教えて下さい

様々な経験を通して、技術だけでなく心の成長を大事にしてほしいと考えています。それは、歯科治療を通したコミュニケーションの大切さに気付くことから始まると思います。失敗はどんどんしてもらって構いません。自信が持てるようになるための支援や経営の考え方などあらゆることをバックアップしています。

◎スタッフの清水先生・澤邊先生のどんなところが成長したと感じられますか?

清水先生は、技術の習得は速かったですが患者さんとのコミュニケーションで苦労していました。でも自分の弱点に気付き克服にチャレンジし、コミュニケーション力を最も伸ばしています。
澤邊先生が最も成長著しいのは、様々な経験を経て得たメンタルの強さです。今後、困難があった時にもきっと役立つと思います。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。