しらとり歯科・矯正歯科

人の幸せをつくる仕事!

 

 

働く先輩にインタビュー

歯の治療を通して患者さんの幸せをつくる
信頼の上に成り立つ医療の本質を伝授します

◎入社のきっかけ&現在の仕事内容
4軒ほど見学し、開業一代目で院長と直に話せる規模を重視して選びました。4年目の今、保険診療全般の知識・技術の研鑽はもちろん、患者さんやスタッフとのコミュニケーション、医院のコンセプトを伝える大切さなど歯科医師としての心構えを学んでいます。

◎自分で見つけた仕事の面白さ
患者さんが何を求めて歯医者に来たのか。患者さん一人ひとりが持つ背景や生活習慣を知ることも私たちの大事な仕事の一つなので、真理さんたちが考えてくれたオリジナルの問診票に沿ってヒアリングを行います。処置を褒められるのはもちろん「今までの医院と全然違う」と言ってもらえたら嬉しいですね。歯科医療は人の生き死にに直接関わらないけれど、口腔内の環境を良くすることで人生も変えられる素晴らしいものだと思っています。歯が無くても食事はできますが、自分にぴったりの入れ歯があれば食べられるものも増えますからね。

◎自分はどう変わったか
研修先は1日100人来る規模の病院で目まぐるしかったですが、しらとり歯科では定期的に院長と副院長兼コーディネーターの真理さんと私とで三者面談を行っています。目標に対して進捗を見てその都度アドバイスをもらえるので、自分自身でも振り返り、次にすべきことを確認できる機会になっています。日々診療を「こなす」だけでは伸びないので、分析して改善点をどう克服していくか考えるプロセスを踏むことは大事ですね。学ぶ上でもしらとり歯科は良い環境だと思います。みんな前向きで、褒めて伸ばす方針なので働きやすいですよ。

上司にインタビュー

◎医院の基本方針を教えてください
私たちの目標は、悪いところを治すだけでなく、予防・メンテナスで良い状態をキープしてもらい、100歳まで生きる時代の健康寿命を延ばすことです。良い治療を提供できる技術・知識を身につけ、患者さんにとって真に良い治療を理解してもらい「先生にお願いしたい」と思ってもらえるプレゼン力も歯科医師には求められます。「やって良かった」「早くやれば良かった」という患者さんの見違えるような表情を、私は見たいんです。

◎人材育成で大事にされてることを教えて下さい

 

歯科医師もスタッフも、入社当初はまず社会人としての必要最低限のマナーなども教えています。その中でそれぞれの個性や適性を見つけ、楽しくやりがいを持って仕事をしてもらえるように役割やミッションを与えていきます。定期的な面談も行いながら、結婚・出産後も働けるように一人ひとりに合わせてサポートしています。

◎スタッフの横林先生のどんなところが成長したと感じられますか?

仕事の質とスピードが毎年上がっています。当院は歩合制ではないのでスピード重視ではありませんが、早くできて、仕上がりも良い。今は保険外診療も任せられます。なんといってもクレームがない!これは横林先生のコミュニケーションスキルですね。患者さんの理解度に合わせて丁寧に説明してくれるので、信頼していますよ。


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。