【京都府京都市】医療法人清歯会 浅井歯科〈患者主義を追求する医院〉

 

半世紀という歴史が示す「変わらない部分」と
「変えるべき部分」が生んだ強さ

この地域の皆さんの歯と笑顔を守りたい!

当院はこの京都の地で歯科診療を続けて50年です。現在は上桂・洛西口・桂川院の3院体制で、地域の患者さんの歯と笑顔を守っています。50年という長きにわたって歯科医院を続けられて、今も尚、上向き続けられているのは地域に根付いて患者さんの信頼と支持を得ることが出来ているからこそ。何代にもわたって家族ぐるみで来て頂いている患者さんが多いのも特徴です。私たちは京都のこの地域が好きで、人が大好きです。地域密着だからこその互いの親密さが、浅井歯科をここまで成長させてくれました。この地域の皆さんの歯を守り続けるという目標と信念、そして責任をこれから更に半世紀先もずっと貫いていきたいと思っています。

私たちが大切にしているモットーとは

私たちは患者さんを“ただの患者さん”というように考えていません。私自身患者さんからの期待や激励、時には厳しいお言葉があったからこそここまでこれましたし、今この浅井歯科が存在できているのだと思います。それは私たちが真摯に患者さんに向き合い続け、選んでいただけるまでに成長できたという結果であり、すごく誇りに感じているところです。「歯のことで困ったら浅井さんやで」と仰ってくださる患者さんもいらっしゃって、この言葉のために頑張っていると言ってもいいくらいです。ですから私たちは生半可な治療や対応を行ってはいけない、プロでい続けたいと考えています。例えば診療を行う中で歯科医院は常に変化があるものですが、その中でも患者さん目線を徹底していると変えるべきこと、変えてはいけないことが見えてきます。私たちは常に患者さん目線を念頭において、患者さんの気持ちを探りにいく姿勢が大切なのではないでしょうか。

人と地域を大切にするスタッフを迎え入れたい

50年を振り返ると、浅井歯科には0から1を少しずつ積み重ねてきた歴史があります。今では地域から愛されているなと感じることも多々ありますし、そういう歯科医院をこれまで手伝ってくれたスタッフにも感謝しています。私一人の力ではなく様々な方、患者さん、スタッフがあってこその浅井歯科だと思うと一入です。支えてくれたスタッフも今では開業して立派な院長を務めている、そんな方々が気づいたら40名以上もいますが、浅井歯科で培った技術、経験、患者さん目線はすごく役立つと仰っていただけるのがまた嬉しいです。私たちは一人ではなく、患者さん、スタッフに支えられつづけてここまでこれましたので、これから先もより多くの方の人生の糧となるべく研鑽していきたいと考えています。

「開業に向けて大切なことを日々学べている実感があります」

西條 雄斗 先生 日本歯科大学新潟生命歯学部卒(2013年)
私は臨床研修も浅井歯科でした。よく知っているから働きやすいだろうというのもありましたが、技術面だけでなく地元に根ざして長年経営できているノウハウも学べることに魅力を感じ入職しました。ちなみに研修先として知ったきっかけになったのは趣味のバス釣り。琵琶湖が近いから良いだろうと(笑)。地元は四国、大学は北陸で、京都に縁がなかった自分ですが、浅井歯科で気づけば4年。今思うとベストな選択ができたと思っています。患者さんのために、を強く思っているだけあって浅井歯科で活躍できるのは、患者さんをしっかり納得させられる説明ができる歯科医師です。新卒で入って最初ずっと院長が付いて指導してくれたんですが、説明が下手でいつも怒られていました。自分たちにとってはあたりまえの治療でも患者さんは分からないことばかりなのだから、治療の流れをしっかり説明するようにと言われました。患者さん目線を大切にして実行し、相手の気持ちを考えた話し方をする院長ならではだと思います。将来的には開業を考えているので、地域の患者さんに信頼される歯科医師になることと長年の信頼を得続けられる経営ノウハウを学んで活かしていくつもりです。新卒の皆さんにアドバイスするとしたら、開業したいなら開業医に雇われて学ぶべきだと思いますね。

 

医療法人清歯会 浅井歯科
浅井 拓 理事長
大阪歯科大学歯学部卒業
【趣味】ゴルフ
【特技】トライアスロン(挑戦中)
〒615-8103 京都府京都市西京区川島六ノ坪町63 -1
TEL:075-394-4618
HP:http://www.asai-dental.com/

求人情報を見る

この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。