【京都府八幡市】医療法人隆歩会 あゆみ歯科クリニック 松井山手/ 長尾〈オリジナリティを提供する医院〉

 

歯科医院の可能性はまだまだ広がる

歯科医師として大きな役割があるはず

父が歯科医師でしたので、学校から帰ってきて宿題をするのも、遊びに行くのにカバンを置くのも、自由研究の工作を作るのも歯科医院。だから中学生になる頃には、将来は歯科医師になると決めていました。幼少期から今でも変わっていないのが、ひとつのことにとことん「ハマる」こと。ミニ四駆や将棋部、とにかくチャレンジしたら結果を出すまでやりたい性格。将棋は京都府の大会で優勝したりしていましたね。この性分は仕事においても変わらず。夢を叶えて14年経ちますが年々「歯科」にハマっているし、これからも業界内でチャレンジャーでいたいと思っています。なぜなら、歯科医院はまだまだ活躍できるあらゆる可能性を秘めているから。予防・訪問歯科…に留まらず、もっと大きな役割があるように私は思います。でもその可能性ってまずはアクションを起こすことから広がるんだと思うんです。私は現状に満足せず、常に1歩でも2歩でも先を「あゆんでいたい」と考えています。

私たちが「あゆむ」意味

先をあゆんで行く際に必要なのはチャレンジと影響力だと思います。この考えは医院理念の1つ「あふれる笑顔をすべての人に」にも込められています。普通の笑顔のもう1つ上、あふれる笑顔は「驚き」、つまり期待以上を上回ることから生まれると考えているので、“まあこんなもんでしょ”や“こうあるべきだ”といった概念を変えていきたいと思っています。だから私はシンプルに歯科へ向き合いチャレンジし続け、自分の限界を決めない。もちろん最初から全てうまくいくとは思いません。それでも自分自身に挑戦し続けることで、歯科業界や患者さんに「驚き」を与えられると信じています。またチャレンジしている姿勢、心意気みたいものが周囲に広がって、「あいつ、頑張っているからこっちも頑張るか」とか「なんか元気もらえた」とか思ってもらえる存在でもありたいです。

昨年踏み出した1歩

昨年はチャレンジの1つとして院内に保育園を設立しました。きっかけは在籍するママさんスタッフたちの声。
「安心できるところに子どもを預けて、好きな仕事を頑張りたい」「良い保育園を見つけて、子育ても仕事も充実させたい」産休や育休がある歯科医院は多いけれど、復帰前後のフォローまでできている歯科医院はまだまだ少ないと思うんです。この取り組みで、スタッフさんが少しでも長く、安心して働けるようにと考えました。すると早速、産休明けの歯科衛生士さんがお子さんを預けて勤務していたり、保育園が出来る前、出産を機に退職したスタッフさんも戻ってきてくれました。このチャレンジで、お子さんやご家族の笑顔も創るお手伝いが少しはできたかな、なんて思っています。これからも新たな取り組みで、皆さんに驚きと笑顔を与えられる歯科医院でありたいです。

「笑顔の輪があゆみ歯科クリニックの魅力」

城戸 愛 さん 大阪歯科大学歯科衛生士専門学校卒(2014年)

学校に届いた求人票を見ていたときに、目に止まったのがあゆみ歯科クリニックでした。写真の笑顔が1 番輝いていたんです。それは見学のときも変わらず。みんな笑顔で私まで元気が貰えました。その時、今度は私も医院側に立って「患者さんや一緒に働く同僚に元気を与えられる歯科衛生士になりたい。」そう素直に思えたので、入社を決めました。見学したのは当院だけでしたが、気づけば今年で5年目を迎え主任として後輩を指導する立場にもなりました。日々、理事長先生からチャレンジできる機会をたくさん与えて頂き、成長を感じながら働くことができています。後輩も毎年増えてきているので、目標とされる歯科衛生士になるのはもちろん、みんなであゆみ歯科クリニックから笑顔の輪を広げていきたいです。

 

 

医療法人隆歩会 あゆみ歯科クリニック松井山手/ 長尾
福原 隆久 理事長
朝日大学歯学部卒業

【趣味】映画鑑賞、ドライブ、アウトドア

 

〒614-8297 京都府八幡市欽明台西31- 8
TEL:075-981- 6874
HP:http://ayumidr.info/

求人情報を見る

この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。