【インタビュー】はちやデンタルクリニック(渋谷区) 歯科医師 八矢 豊与海院長

「医療にゴールはない」常に進化し続けるため、自ら日々研鑽を重ね、患者さんやスタッフを大切にしている院長 八矢  豊与海先生に聞く!

院長 修正
◆プロフィールを教えてください。
平成11年     鶴見大学歯学部 卒業
平成11年~13年 同大補綴科講座 在籍
平成12年~16年 多摩地区にて勤務医
平成17年1月       「はちやデンタルクリニック」開院

◆卒業後、勤務先をどんな基準で選ばれましたか?また、その理由を教えてください。
大学病院に在籍していた頃は、4~5医院でバイトをしていました。色々なところを見て、自分に合ったところを見つけようと思っていました。その頃は、開業するためにという観点で働いていました。訪問診療も行っていました。休みはほとんどなかったです。ただ、そんなにきついという思いはなかったですね。将来の自分のためにと必死になっていたんだと思います。そんな中、大学の先輩が務めている歯科医院を紹介していただき、開業を目指すにはぴったりな医院だと思いそこに入りました。

診療室(花) 修正

◆これまでの歯科医師人生の中で一番影響を受けた人物は誰ですか?そして、その方から何を学び、今どのように活かされていますか?
なかなか自分の親のことを話すのも照れくさいですが、強いて言うなら、親ですかね。父親は歯科医師だったので、小さい頃から病院に仕事を見に行っていました。歯科医師としてはもちろんですが、大前提として、人としての生き方や人に対しての優しさ・接し方など近くで見ながら尊敬していました。私は、医療はあくまでも、患者さんの為にどれだけ自己犠牲できるか?つまり、親身になって接することができるかに尽きると思っています。患者さんは機械ではないですから、それぞれ望むものが異なります。そこに一人ひとり丁寧に応じていく。そこは、父親の影響を多大に受けていると思います。

待合室④

◆若手歯科医師の育成方針についてお聞かせください。
成長できるかどうかはあくまで本人次第だと思っています。というのも、技術が向上するためにこちらがバックアップするのはもちろんですが、本人がどういう歯科医師を目指したいかが重要なんです。私も開業して、これまでとは比べ物にならないくらいに勉強しました。やっぱり人って自分が目指すものには努力すると思うんです。わからないことに関してはその都度答えて、一緒にきちんと解決していきます。その中で、若手の方には、ぜひアグレッシブに技術を盗んでほしいと思っています。そして、技術的向上は当たり前ですが、人として成長できるか?ということも大事にしています。

◆求職中の若手歯科医師にメッセージをお願いします。
医療にゴールはありません。技術も道具も日々進歩していますから。新しいことを勉強して取り入れるかどうか考えながら、私も日々研鑽を重ねています。これまでと同じことをしていたら歯科医院過剰の波に呑まれてしまいます。”常に+αをしていく”そんな歯科医師でありたいと思っています。医療人でありながら、皆さんも経営について考えなくてはならない時がきっとくると思います。医院の運営やスタッフの生活もありますからね。ただそこは、今の自分にどれだけ真面目に向き合うか、医療にどれだけ真面目に取り組むかで変わってきます。私が経験してきたことは全て皆さんにお伝えできると思います。なりたい歯科医師像を目指して一緒に学んでいきませんか?

集合写真①

【医院見学実施予定】
3/10(木)14:00~
3/19(土)16:30~
3/23(水)14:00~
3/27(日)14:00~
医院のホームページよりお問い合わせ、見学の申し込みを随時受け付けております。

******************
はちやデンタルクリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-9-30 2階 (原宿駅より徒歩5分)
http://88.hachiya-dental.com/
TEL 043-278-7318
******************

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。