【インタビュー】医療法人ヴェリタスオーラルケアセンター うえの歯科医院(鶴見市)歯科医師 岡野吉紘先生

将来は実家を継ぐ!そのために今、何ができるかを常に考え、行動する 歯科医師 岡野吉紘さんに聞く!

岡野先生TOP

◆プロフィールを教えて下さい。
九州歯科大学 入学
九州歯科大学 卒業
九州歯科大学附属病院 口腔外科入局
九州歯科大学附属病院 口腔外科退局
神奈川県内 歯周病専門医在籍の病院、自費専門の歯科医院での勤務を経て、
2013年9月 うえの歯科医院の移転リニューアルOPENと同時期に入職。
電車とバスを乗り継ぎ、約40分かけて通勤。
実家を継ぐという目標を持ち、幅広い臨床経験を積みながら
院長から治療技術・知識や歯科医院経営のノウハウ等を学んでいる。

待合室

◆卒業後、勤務先をどんな基準で選ばれましたか?また、その理由を教えてください。
私の場合は、最初に口腔外科の大学院へ行きました。一般歯科を始める前に埋伏抜歯やエンドといった症例を診ておこうと思ったんです。口腔外科は医科の知識と重なる部分もある分野なので、濃密な一年間を過ごすことができました。その後、治療を行っていく中で歯周病治療の大切さを改めて実感し、日本歯周病学会の指導医が在籍するクリニックを探して、神奈川に就職先を見つけました。

診療室

◆うえの歯科医院に入社したきっかけを教えてください。また、何が決め手で入社されましたか?
ここに転職する前は自費専門のクリニックに勤めていたのですが、実家を継ぐことを考えた時、私にはまだ保険診療の経験が足りないと感じていました。うえの歯科医院を選んだ理由は幾つかあります。まずはもちろん、院長がきちんとした知識・技術を持っていること。実際に診療する様子を見て決めました。スタッフの器具の取り扱い方も、しっかり滅菌・消毒して綺麗に整理・収納していて、普段から丁寧な診療を行っていることが伺えました。入社してからより実感していますが、院内が整っていれば、患者さんをお待たせしたり無駄な残業をすることもなくなりますからね。また、うえの歯科医院の特徴の一つとして、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付の他にも管理栄養士など多職種が在籍しているので、そういう方々の働き方や考え方は、将来の自分の医院づくりにも取り込めると思いました。

ユニット

◆今感じている仕事のやりがいは何ですか?
うえの歯科医院では、スタッフ一人ひとりが十年プランという『目標』を設定しています。私の場合は「うえの歯科医院のフルユニットを稼働させること」。現在、クリニックの一階に七台、二階にオペ用二台、ホワイトエッセンス一台が設置されており、二階の方がまだあまり動いていません。ここを動かせるようになることが今の私の目標で、日々の仕事のやりがいにもなっています。

岡野先生

◆最後に、求職中の歯科医師へ一言メッセージをお願いします。
研修終了後は、やはり給与や条件で選んでしまいがちです。まずは技術的に信頼のおける先生の所で学ぶことをお勧めします。その方が絶対、ためになります。あとは、個人的には院長とのコミュニケーションも大切だと思っています。入社してから学ぼうと思っても、ぎくしゃくした関係性では得られるものも得られません。技術習得のためにも、院長がどんな人かを見てみるのも良いかもしれませんよ。

***********************
医療法人ヴェリタスオーラルケアセンター
うえの歯科医院 ホワイトエッセンス東寺尾
〒230-0077 神奈川県横浜市、鶴見区東寺尾6-29-14
http://www.veritas-occ.jp/
***********************

■採用ホームページはこちら
http://www.veritas-occ.jp/concept/recruit/


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。