【インタビュー】医療法人豊良会 モリヤデンタルオフィス(沖縄県豊見城市) 理事長 森谷 良孝 先生

一緒に働いてくれる素晴らしいスタッフと共に地域一番の歯科医院を目指して邁進する 理事長 森谷 良孝 先生に聞く!

img_2837

◆プロフィールを教えてください。
埼玉県草加市出身
平成6年3月 日本大学歯学部卒業
平成6~18年 日本大学歯学部付属大学病院 勤務
平成6~10年 千葉県 山本歯科医院 勤務
平成10~13年 埼玉県 清沢歯科医院 勤務
平成10~16年 東京都葛飾区歯科医師会付属たんぽぽ歯科診療所(寝たきり老人専門歯科診療所)専従医として、高齢患者の診療および葛飾区内歯科医師への技術指導
平成13年 沖縄県歯科巡回診療 小浜島担当 歯科医師責任者
平成14年 東京都 佐藤歯科医院 訪問歯科診療専門歯科医師として勤務
平成16年 沖縄県歯科巡回診療 日本大学担当歯科医師 指導責任者
平成18年 モリヤデンタルオフィス開業
平成27年 医療法人豊良会モリヤデンタルオフィス開業 現在に至る

◆これまでの歯科医師人生の中で一番影響を受けた人物は誰ですか?そしてその方から何を学び、今どのように活かされていますか?
私の父および、父の教え子である医局の諸先輩です。父は日本大学歯学部総義歯補綴学講座の教授でした。私は中学・高校と父親に反発していましたが、ある時から父を歯科医師・教育者・研究者として非常に尊敬できるひとりの人間として見ることができるようになりました。そして歯科医師の職業を選ぶと決めた時から、実家を出て親子の関係を断ち切り、師匠として教えていただきました。同じ医局の諸先輩からも息子としてではなく、ひとりの後輩として鍛えていただくことができたと思っています。そのおかげで医療従事者として日々研鑽し、努力し続けることの大切さを学びました。今でも、日々の臨床を大事にしながら、セミナーや学会などに参加し、常に勉強することができていることに感謝しています。

%e2%91%a2

◆補綴や咀嚼機能の研究等も含めて高齢者に対する歯科治療に力を入れていらっしゃいますが、そのことも踏まえてご開業しようと思ったきっかけを教えてください。
まず高齢者に対する歯科治療に関してですが、歯学部に入学した当時に祖父母と同居しており、その際に祖父の義歯を触らせてもらったことで高齢者に対する歯科治療に興味を持ちました。それ以来高齢者歯科診療に携わっています。しかし卒業後15年以上総義歯に関わり、極めようと努力しましたが、どんなに上手くなっても天然歯には勝つことができませんでした。もちろん歯を失ってしまった方には、一生懸命に口腔機能や審美的にも回復できるように努力しますが、本当は歯がなくならないほうが幸せだよね、と思うようになりました。それを実現させるために開業をすることを決意しました。沖縄で開業したのは、沖縄県無歯科医師地区離島診療に参加したのがきっかけです。未開の地で自分の力を試してみたいという思いが湧いたこと、私のことを受け入れてくれた沖縄の方に、歯科医師として少しでも力になれるのではないかと信じて沖縄という場所を選びました。

14292294_1025251850928255_752669554536429394_n

◆歯科医院としての展望を教えてください。
まだスタッフ総数10名以下の小規模歯科医院ですが、地域一番の歯科医院になり、歯科医療を通して社会貢献をできるレベルになりたいと考えています。特に沖縄は虫歯罹患率が全国最下位です。短命県になってしまった沖縄県の長寿復活を、口腔内の改善から取り組みたいと考えています。現在歯科外来診療環境体制施設基準を満たして診療を行っており、今年度中には「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の届け出を行う予定です。

◆先生が考えるモリヤデンタルオフィスの強みや歯科医院を経営する上で先生が考える人材観や人材育成をする上で大切にしていることを教えてください。
当院の1番の強みは、一緒に働いてくれる素晴らしいスタッフ達です。スタッフ同士の仲が良いのも特長です。私1人でできることは、大したことではありません。スタッフ皆がモリヤデンタルオフィスの医療理念に共感し、夢を実現させるために、日々自主的に努力できる環境、文化を持っていることこそが、モリヤデンタルオフィスの強みです。この強みをさらに伸ばすために、人材育成をする上で常にスタッフに言っていることが2つあります。1つ目は「やり方よりもあり方」 、2つ目は「仕事観の共有」です。医療従事者として、技術を研鑽し、常に勉強するのは当然のことだと思っています。しかし技術だけが高ければ良いとは思いません。医療従事者として、どうあるべきかを常に考え行動することこそが大事であると考えています。「何のために働くか」もあり方を追求する上で大切です。そこで当院は、スタッフに3つのために働いてほしいと伝えています。
①「患者様の健康」②「自分の成長」③「医院の継続・発展」の3つです。もちろん患者様の健康のために働くのが大前提です。また仕事をすることにより自分が成長できること。最後に信頼して来院していただける患者様の健康を守るために、医院が継続・発展することこそが当院で働くスタッフのあり方の根底にあります。

%e2%91%a1

◆最後に、求職中の歯科医師へメッセージをお願い致します。
当院で技術的に学べることとして、私の専門分野である、補綴関連・小児矯正・歯内療法はもちろんですが、現在の勤務医の専門分野の口腔外科、歯周病など、その他にもホワイトニングや予防なども数多くの症例を取り扱い、近隣の歯科医師との連携でインプラントや成人矯正にも取り組んでいます。歯科医師人生に必要な臨床力を一通り学ぶことができると考えています。私は卒後最初の3年間に自分でどれだけ努力する事ができるかで歯科医師人生が決まると思います。それは技術的なことだけでなく、マネジメントやマーケティングも学び、人間的にも成長する必要があります。歯科医師にとっても「技術はあるのが最低限」で、さらに歯科医師としてどうあるべきかが昨今問われています。当院では、歯科医師だけでなくスタッフ全員に個人ごとの机、椅子を支給し、専門図書などを充実させ、セミナーへの参加も積極的に支援しています。将来開業するにしても、勤務医として働くにしても必ず経営の知識が必要になります。当院では技術だけでなく、経営面での教育も充実しています。もちろん医院を支え勉強してくれるスタッフのために、長く安心して働けるように有給休暇など福利厚生を整えていますので、この想いに共感できる方はぜひ一緒に働きましょう!

****************************
医療法人豊良会モリヤデンタルオフィス
〒901-0223 沖縄県豊見城市字翁長854-2 サクセスビル101
TEL:098-850-3239
医院HP: http://www.moriya-dental.jp/
採用HP: http://www.moriya-dental.jp/?page_id=365
****************************


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。