【インタビュー】医療法人愛健会 新安城歯科(愛知県安城市)理事長 荒尾 誠子 先生

『患者様に選ばれる歯科医師になる為に』全国的にも少数な女性インプラント認定医として、地域のみならず全国の患者様の笑顔を増やし続ける!理事長 荒尾 誠子 先生に聞く!

%e5%9b%b31

◆プロフィールを教えてください。
愛知学院大学歯学部卒業(卒業時Merit Award受賞)
愛知学院大学歯学部付属病院(第一口腔外科学講座)勤務
名古屋徳洲会総合病院 歯科口腔外科 勤務
医療法人愛健会 入職(柏森歯科クリニック、愛健歯科医院勤務)
新安城歯科開院

◆まず荒尾先生の卒業後のことと、新安城歯科様のことを教えてください。
私の場合は、卒後2年と非常に早いタイミングで医院を開業いたしました。ちょうど叔父のビルでご開業されていた医院様が移転されるということで、準備期間もなく資金も少なかったためそのビルの内装をリノベーションし開業いたしました。初めは当法人の先輩ドクターが助けてくれるのだろうと楽観的に考えていましたが、非常に大変だったと記憶しています…。数年間はパワーで乗り切った感じですね。謙虚な姿勢で何でもさせていただく、今となっては本当にそれが大事だと思いますし、それくらいしかできなかったと思います。
そんなこんなで開業して10年ですが、今後も引き続き『理念経営』をモットーとし、質・量ともに高めていきたいと思います。その中で、今後愛健会を支えていくであろう人材の教育はさらに充実させなければいけないと考えます。また2016年春に愛健会では7つ目の医院が新安城歯科の新棟として誕生いたしました!OFR、MRC、栄養指導、ストレスマネジメント、メンテナンスを専門的に行う、予防を深く深く追求した医院となります。ドクター・衛生士はもちろんですが、管理栄養士・保育士も主役です。

aiken-implant_059

◆荒尾先生は法人内でも女性のインプラント認定医として日々診療していますが、インプラントに注力することになった経緯やその想いを教えてください。
まず、インプラントに注力すること自体は、口腔外科に携わることが多かったため抵抗なく導入できました。また開業医としても第一線で取り組んでいける分野でもあるため、究めようと思いました。私達の場合は、大学での「インプラント学」は選択科目で、本格的な講義、実習はありませんでしたので、自ら第一人者のもとに行くしかありませんでした。様々な先生に大変お世話になりましたが、私の父であり愛健会の大先輩である阿部 恵一先生の下では口腔外科の手技はもちろん、妥協しない歯科治療や仕事に臨む姿勢も学ばせていただきました。今では私が後進のドクターに講義をするまでになりました。最近では女性歯科医師向けのインプラント教育としてフォーラムでの講演や通年でのベーシックセミナーの開催、そして学んだ知識を現場で活かせるように、私がアシストに入り実地研修まで行っています。インプラントを身につけ治療させていただくことで嬉しいことは沢山あります。全顎症例の場合などは、患者様がまるで子どものように喜んでくださるのでこちらも嬉しくなってしまいますね!今後も患者様の笑顔を増やしていきたいです。

%e5%9b%b32

◆貴院では数多くの勤務医の方を育てていると思いますが、人材育成をする上で大切にしていることを教えてください。
新安城歯科では具体的に、一から細かく指導する導入時期と、自分の患者様を増やしていく等の自ら考えて行動する時期を設定し指導しています。自ら考えて行動する時期に関しては、一人前の歯科医師となるために、どうしたら患者様に必要としてもらえるか、自分にできることを真剣に考えて欲しいと思います。先程も申し上げましたが、私は卒後2年で開業した為、まだまだできないことが沢山ありました。ですので色々と考えて、まずできることとして『患者様にとって最適な治療を自分の考えで提案する』ことに注力しました。患者様に寄り添い、一緒に最適な治療計画を考えることが地域の人々に選ばれる歯科医師になる最大のポイントだと思いました。この自身の経験があるからこそ若手勤務医にはこの点をしっかりと伝えるようにしています。
特に技術面としては、1人で医院を運営できるレベルの丁寧な一般歯科、差別化できるまでのインプラント治療(基礎的なものから難症例まで)、矯正なら専門医レベルまでの技術を身につけることができます。各種勉強会にもほとんどのメンバーが積極参加し互いに切磋琢磨しています。また新安城歯科が実践している『理念経営』や、当法人の分院長(理事)の一員として、医院運営を行ってもらうこともできます。

%e5%9b%b31

◆最後に現在新卒女性歯科医師が増加していますが、理想のキャリアプランを歩むために何かアドバイスはありますか?また最後に求職中の歯科医師へメッセージをお願い致します。
私が女性歯科医師として理想的なキャリアを歩んでいるかどうかはわかりませんが、キャリアは自分自身のものであって他人と比較するものではないと考えています。歯科は特に女性歯科医師の需要が高いので、皆様が個々にあるやりたい診療や作りたい医院をどんどん実現していくべきだと思います。女性にはライフイベント等で仕事ができない時期があり大変だとは思います。もちろん出産・育児で休みが必要になることありますが、その際は万難を排して患者様の前に立つ、それも重要なことだと思いますよ。
求職者へのメッセージということで、私もまだ道半ばの立場ですので申し上げるべきこともございませんが、求職中の皆さまも私もこれからの歯科業界、ひいては日本を支えていく世代です。ともに頑張っていきましょう!またその中で当院にご興味を持っていただけましたら、一度見学にお越しください!

***********************
医療法人愛健会 新安城歯科
〒446-0071
愛知県安城市今池町3-6-1
TEL: 0566-97-6480
URL: http://www.shinanjo-implant.com/
***********************


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。