【インタビュー】医療法人社団佑健会 コウノ歯科医院(千葉県 習志野市)歯科医師 津山 美紀子先生

自分のクリニックを作りたい!成長したい!その思いがすべての行動の原動力に…仕事も遊びも全力投球の 津山 美紀子先生に聞く!

◆プロフィールを教えてください。
岩手医科大学 卒業
岩手医科大学附属病院にて研修
埼玉県内の開業医に勤務
医療法人社団佑健会 コウノ歯科医院に勤務
今後、同法人の分院長を務める予定

◆津山先生は岩手医科大学のご出身なんですね。都内のご実家から離れた大学へ行くことを決めたのはなぜですか?
私の場合どうしてもやりたいことがあって、それを目指していた結果、岩手へ行くことになったという感じですね。高校生の頃から漠然とですが進路を考えていて、「自分の病院をつくりたい」と思っていたんです。自分なりにどんな病院が良いか考えていて、歯科も眼科もなんでもある、複合的な大きな病院が良いなあと…その夢を叶えるために何をしなければいけないのか、どんな資格を取って何を勉強した方が良いのかなど、情報を集めていろいろと調べました。親には自分の意志を伝えた上で期限を宣言し、なんとか挑戦させてほしいと頼み込みましたね。自分の進路がどの方向に進むかを色んな角度から考え、悩んだ結果、岩手医科大学に入学することに決めました。

◆やると決めたらすぐ行動に移せるのが津山先生の強みなんですね。その後、どのようなきっかけで医療法人社団佑健会へ入社したんですか?
私が入社したのは1年くらい前になります。それまではずっと埼玉県内の開業医に勤めていて、基礎から非常に勉強させていただきました。しかし、そこの医院では患者様を流れ作業的に診ていくという印象が強かったんです。時間に対して患者様を何人診るか、という考え方というか…もちろん経営的な観点から多くの患者様を診るのはとても大事なことです。ただ、そうなるとどうしても一人ひとりの患者様とのコミュニケーションの時間も少なくなってしまいますよね。そこが私の中でずっと引っかかっていて、ある程度自分でできるようになると「次のステップに進みたい」という思いが強くなっていったんです。そこでインターネットなどで何千件という数の求人を見て、めちゃくちゃ探しましたね(笑)。ちょうどそんな時期に河野先生主催の勉強会に行きました。そこで河野先生にお会いしたことがきっかけでここに入社しました。佑健会が良いと思ったのは、患者様からじっくり話を聞くことができて、一人ひとりにしっかり寄り添っていけると思ったからです。

◆河野先生はどんな人ですか?
これはスタッフもみんな同じことを感じていると思うんですが…怖い時と優しい時があります(笑)。感情豊かで裏表がはっきりしているので、叱る時は叱りますが次の日はまたいつも通りの優しい先生に戻っています。先生から教わっているのは、全顎的な治療や咬合調整といった技術面やスタッフ教育などの経営面などです。毎日多くの事を勉強させていただいています。中でも一番参考になるのは、河野先生の「人の気持ちに寄り添う」という診療スタイルです。佑健会ではどんなに忙しくても、多少時間がかかっても、一人ひとりの患者様との関係を丁寧に築いていくことに重きを置いています。その人の人生に寄り添うことを重視する河野先生の考え方は、私が今後開業した時にも大事にしたいスタイルですし、スタッフにもしっかりと教えて理解してもらいたい理念です。また、私が不得意な治療は河野先生も把握しているので、患者様を診る前に呼んでいただき、先生の横についてどのように治療すれば良いのかを勉強させていただいています。そうすると後でまとめて言われるよりも頭に入ってきやすいですし、こうすれば良いんだ、ここがポイントなんだというのを意識してすぐ次に活かせますから、いいですよね。でも、ひょっとしたら先生自身が時間を置いたら忘れてしまうから、なのかも(笑)。佑健会には歯科医師、歯科衛生士、歯科助手とたくさんのスタッフがいますから…それでも個別に時間をとって一人ひとりに熱心に指導してくれているので、スタッフ教育の面でもとても勉強になっています。

◆最後に、今の仕事のやりがいと今後の展望を教えてください。
今感じている仕事のやりがいは、患者様が喜んでくれること、それをスタッフと共有できることです。今いる環境にも恵まれていて、河野先生は勤務ドクターが理想とする働き方や将来への方向性を一緒に考えて下さって、その希望が叶えられるような仕事・課題を与えてくれます。自分がやりたいと思う仕事をして患者様に喜んでいただけるのは、とてもやりがいとなっています。また、スタッフと共にその喜びを共有できることがとても楽しいです。佑健会のスタッフは全員が「患者様が求めているもの」を真剣に考え、満足していただけるような治療を行っています。同じ目標を持っているので、一体感があるんです。例えば、日曜日は院内のドクターが私一人なのですが、定期的に通っている患者様が多いというのもあって話し込んでしまうことがあります。時には5台あるユニットがすべて埋まってしまって、私もどこで何をしていいやらてんてこまいになるのですが、そういう時にスタッフがテキパキ動いてサポートしてくれます。本当にすごいなと思います。各診療室から患者様やスタッフの笑い声が聞こえてきて、かなり賑やかな雰囲気になっているんですが、そういう職場で仕事ができてとても楽しいです。今後は同じ実籾にて分院長を行う予定です。いずれは実家がある都内で経営者としてやっていけるように、実力をつけていきたいと思っています。あとは、仕事以外の趣味や遊びの面も充実させたいですね。今も仕事終わりに昔からやっていたテニスをしていますが、今度はお料理教室にも行こうかなと考えています。仕事とは別のコミュニティを幾つか持っておくと、適度にストレス発散できると思うので。仕事と遊びのメリハリをつけて、休む時はしっかりと休み、仕事では患者様に喜んでいただけるような治療をしっかりと行う。そんな歯科医師を目指しています。

 

******************
医療法人社団佑健会 コウノ歯科医院
〒275-0002
千葉県習志野市実籾5-8-6 リブポート習志野1F
TEL:047-477-8500
HP:http://www.kounoshika.jp/
******************


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。