【インタビュー】平島歯科医院(埼玉県川越市)歯科医師 平島 篤院長

スタッフの自主性を大事にしながら患者さん主体の診療を行う院長  平島 篤先生に聞く!

◆プロフィールを教えてください。
平成元年     明海大学卒業
同年5月      生木歯科医院に就職
平成4年5月   同退職
同年6月   平島歯科医院就職
平成24年1月 平島歯科医院 開設管理者
現在に至る

◆臨床研修後、勤務先をどんな基準で選ばれましたか?また、その理由を教えてください。
私は将来的に開業医になるのが目的だったので、開業医に勤務して開業のノウハウを学ぼうと考えていました。父親も歯科医師で埼玉県に開業していたのですが、まずは実家の医院とは別の歯科医院で働きたかったので、埼玉県外での勤務を考えていました。たまたま大学の廊下ですれ違った教授に「就職先は決まった?」と聞かれて「決まっていないです。」と答えたところ、教授の同級生が千葉の松戸で開業しており、そこを紹介してくださいました。それが就職のきっかけです。初めての勤務先である生木歯科医院は、技術力もあり、実家と同様に地域密着型の開業形態だったので私の理想としていた歯科医院像に近いものがありました。

 

◆これまでの歯科医師人生の中で一番影響を受けた人物は誰ですか?そして、その方から何を学び、今どのように活かされていますか?
1人に絞るのは難しいので3人でも良いですか?1人目は、最初に勤務した生木歯科医院の院長です。その院長は、真面目で仕事を一つひとつ丁寧にされる方でした。仕事に対する姿勢や患者さんに対する心構え、つまり私の歯科医師としての基盤はその先生から学びました。二人目は知り合いの開業医の先生です。その先生は年齢的には先輩なのですが、私のゴルフ仲間でもあり飲み友達でもあります。インプラントの手ほどきをしてくれたり、その先生も非常に勉強熱心なので学び続けることの大切さに気付かされます。三人目も知り合いの開業医の先生ですが、その先生は父親と同じロータリーに入っていたのが出会いのきっかけでした。その先生のことを私は歯科医師として天才だと思っています。自費専門でやっていて腕も非常に良いですが、患者さん一人ひとりへの心配り・会話という点でも学ばせてもらっています。診療を見学に行ったこともありますし、飲みながら「こういう時はこういう風に喋ってこうするんだよ。」と教えていただいています。

 

◆スタッフの育成方針についてお聞かせください。
スタッフの自主性が育つことを大切にしています。技術はもちろんですが、それ以前に社会人としての基本や常識が大切だと思います。私もスタッフ皆をプロとして尊重しているので、患者さんの前に出たらそのことを意識して行動していただければもう十分です。当院のスタッフは、基本的な診療の流れや何がどこにあるかなどを教えるだけであとはみんな率先して動いてくれます。ですので私が四の五の言う必要は無いんですね。そういう姿を見ていると、皆プロとしての意識を持って行動してくれていると感じます。例えば歯周病の患者さんが来院されて衛生士さんが一度担当になったとしたら、その患者さんはその衛生士さんに任せています。衛生士さんには歯周病の検査の紙にすべて記入してもらい、スタッフ間で情報を共有しています。必要なところは皆でその患者さんを診るなど、きちんと連携が取れておりチーム医療ができていると実感しています。もちろんスキルが浅い方など、分からないことは皆でサポートしてお教えします。診療は細かくしていますが、医院の雰囲気として窮屈にするのは私自身が好きではないというのがあるので、スタッフに裁量を持たせてのびのび働いてもらっています。

 

 

◆スタッフの皆さんが自分で考え行動できるのは患者さんにとっても良いことですね。それでは貴院の強みを教えていただけますか?
患者さんが何を望んでいるかをスタッフ全員がわかるように努力している点だと思います。例えば、古い義歯を持って来院された患者さんが来た時に、入れ歯を作り直したいのか、それとも今使っている入れ歯を使い続けたいのか・・・こちらの意見を勧めるのではなく、まずは患者さんがどうして欲しいのかを探ることに注力しています。私たちの医学的な意見も大事ですが、患者さんの素直な気持ちを聞かないと本当に満足していただくのは難しいのではないでしょうか。当院のスタッフは患者さんとコミュニケーションをしっかり取っていて、患者さんから満足の声が院長の私に届くこともあるので、医院の方針がスタッフ全員に行き渡っていると自負しています。

 

◆患者さんを大切にされていることが伝わってきます。最後に求職者にメッセージをお願いします。
やはり歯科医師は患者さんの立場で物を考えることが大切です。患者さんと日々向き合っていると、最終的に行き着くところは自ずとそこになるんです。若手の頃はプライドが邪魔してなかなか難しいかもしれませんが、自分ができることとできないことをしっかりと把握し、できることはできる、できないことはできない、と患者さんにきちんと説明し、その中で患者さんに寄り添った治療計画を考えることが重要だと思います。自分にも患者さんにも真摯に向き合っていただきたいですね。当院では、新たな戦力として歯科医師の方、歯科衛生士の方を募集していますが、きちんと自分の目で見て医院の雰囲気を掴んでいただきたいと思いますので、ぜひ見学に来ていただきたいですね。当院の特徴は、一度勤めると皆長く居てくれるという所にあるので、その理由もわかってもらえるのではないでしょうか。

 

 

******************
平島歯科医院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田37-4
TEL:049-242-1300
HP:http://www.hirashima-shikaiin.jp/
******************


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。