【インタビュー】医療法人RDC(埼玉県さいたま市)理事長 酒井 亮 先生

大学卒業から3年目で開業!今秋には大規模かつ最新設備・ロボットを導入した4医院目を展開する 医療法人RDC 理事長 酒井 亮 先生に聞く!

◆経歴を教えてください。
高校を卒業後、自分の進路を考えたときに、両親が薬剤師で親戚にも医療従事者が多かったので、自然と医療関係の仕事に就きたいと考えていました。日本歯科大学を卒業し、神奈川歯科大学の附属病院で研修医として勤務しました。研修が明けると医療法人「港会」港歯科診療所に入職し、勤務医1年目で同法人の分院長を勤めました。その後、2009年に独立してアール歯科クリニックを開院し、2013年には医療法人RDCを設立。埼玉を拠点に分院展開をしていて、今年10月にはさいたま市に4医院目がオープンするんです。また関連会社として、技工所や事務局の経営に携ったり、(株)医療予約技術研究所で顧問を務めたりしています。

◆歯科医師人生の中で尊敬する方は誰ですか?
初めての勤務先の理事長ですね。とにかく腕が良く、今でも共通の知り合いのドクターと「あの先生は治療は素晴らしかった」という話をするほど。そんな先生の元で歯科医師としてのスタートを切ることができたのは、非常にありがたい経験でした。また、真面目すぎない理事長の性格も自分にあっていた気がします。私自身、あまりにも教科書ベースな治療は好きではなくて。理由と結果さえ同じであれば、自分のセンスで変化させたり工夫を加えた治療で良いと思っています。たくさんの勉強会に行ったり、分からないことを人に聞いてばかりだったりするよりも、まず自分で考えて工夫してみるということを今でも大切にしています。さらに貴重な経験となったのは、入職して1ヶ月で「今度分院ができるから、院長をやってみろ」と言われ、研修明け半年で分院長を務めることになったことです(笑)。「そんな無茶な!」と思いましたが、経営やスタッフの面接・マネジメント、集患なども、理事長にサポートしてもらいつつ1から手探りで進め、どうにかオープン日を迎えることができました。そして、気付けば地域の方々から支持される人気のクリニックになっていたんです。この経験は確実に成長や自信に繋がりましたね、あまりにも無茶振りでしたが(笑)。おかげでその後は、大学卒業から3年目という早さで自分のクリニックを開業することができました。

◆今年10月には医療法人RDCの4医院目となるクリニックがオープンしますが、どのようなクリニックなのでしょうか?
アール歯科セントラルクリニックは3階建ての大規模なクリニックで、RDC史上最高レベルの最新設備を導入しています。個室診療室、バリアフリー、キッズスペース、おむつ交換台、エレベーター、駐車場など、患者さんの快適さを追求したのはもちろんですが、スタッフたちにとっても過ごしやすく利便性の高い設計を心がけました。元々経営に携っていた技工所が別の場所にあったのですが、今回クリニックの中に併設し、スタッフルームでも歯科医師と技工士が蜜にコミュニケーションを取れるような工夫をしています。普通だったら深く関わりを持てない歯科医師と技工士が親密になることで、技工士も普段は言えないアドバイスをしてくれるようになります。歯科医師にとってもそれが仕事のストレスを減らすことに繋がりますし、成長のスピードも変わってきますよ。スタッフルームは、セミナールームを挟んで男女で別れていて、全部繋げて広いスペースとして使うことも可能なので、院内研修やイベントにも活用していきたいと考えています。また、これは日本でも初めての取り組みなのですが、クリニック内にAIを搭載したロボットを導入しています。このシステムは、私が顧問を務める(株)医療予約技術研究所で開発されたもので、ペッパー君が患者様の受付、次回予約、診療内容や症状に対しての質問、会計まで行うことが可能です。AIを搭載していることで、緻密な計算から次回予約の提案をすることができるので、キャンセル率の低下、リコール率のUPにも繋がります。診察券アプリも導入しました。今後も「自分が患者だったら、スタッフだったら」という相手目線で物事を考え、メリットがあると思えるものは、前例がないような新しいことでも柔軟に取り入れていきたいと思っています。「皆がやり始めたことをマネしてやるのは嫌だから、一番最初か一番最後。だったら一番最初がいい!」というスタンスです。経営陣が新しいことを積極的に取り入れていく姿勢が、スタッフのモチベーションにも繋がってくれたら嬉しいですね。

◆就活中の歯科医師の方々へ、メッセージをお願いします!
私たちは人生のうち長い時間を仕事に費やします。どうせ働かなくてはならないのなら、少しでも仕事が楽しいほうが良いですよね。RDCでは「居心地の良さや、自分のやりたいことに挑戦できる風土が、仕事の楽しさに繋がる」ということを念頭に、法人内の制度作りや環境整備に取り組んでいます。スタッフに夢や目標ができたときに「○○が学べる医院に勤められたら・・・」という悩みが出てしまわないよう、設備・機材など最新の歯科医療を学び実践できるように完備しています。技術だけではなく経営や、患者様・スタッフとのコミュニケーションの取り方も学べ、着実に総合的な歯科医師力を上げていける環境を作りました。将来開業を考えている先生は、分院長を経験することで自分の医院として経営やスタッフのマネジメント、集患のシミュレーションができます。「自分が開業したら○○にしたい」という話をよく聞きますが、やってみたいと思うことは、是非うちで練習してみてほしいです。私が責任を取れる今だからこそ、色んなことに挑戦して、感覚を養っていってほしいですね。現在、栃木県にあるきらり歯科の山本先生と一緒にスタディグループの立ち上げを進めています。厳しい歯科業界で、少しでも経営失敗のリスクを減らせるように、若手歯科医師の育成をしていく目的です。歯科医師が講師を務めるセミナーは、治療技術に焦点をあてたものがほとんどで、経営などについては業者が講師として登壇することが多いですよね。逆に、私と山本先生は、治療のことではなく「社会人としてのマナー」「スタッフとのコミュニケーション術」「医療経営」などを教えていきます。勤務医や分院長、開業など、自らの実体験があるからこそ、リアリティのあるアドバイスができると思っています。第1回は11月を予定しておりますので、ご興味ある方は是非ご連絡ください。また、RDCの勤務医・分院長は全員20、30代ですので、若いうちからチャンスを掴みやすい環境です。新卒・若手ドクター大歓迎!お気軽に医院見学にいらっしゃってくださいね。お待ちしております!

*****************
医療法人RDC
アール歯科クリニック与野(本院)
〒330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-9-19
TEL:048-814-1884
MAIL:sakai@r-shika.com
HP:http://www.r-shika.com/
*****************

求人情報を見る

この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。