【インタビュー】GRANTEETH(東京都港区)歯科医師 吉武 輝 総院長

“本物の歯科医療”を追求し続けて確立したGRANTEETHメソッド。受け継いできた学びを次の世代へと継承していく GRANTEETH 総院長 吉武 輝 先生に聞く!

◆経歴を教えてください。
明海大学を卒業した後、約10年間総合病院の口腔外科医として働いていました。患者さんの来院に左右される生活であるため、患者様が運ばれてきたら治療を行い、夜勤のあとも作業をして一睡もせずにまた出勤なんてことも(笑)。それでも夜中の医局で仲間の先生方とワイワイしたり、仕事もプライベートも充実していたので良い思い出です。その後はこれまでの経験を基礎として様々な施設に勤務し、出逢った先生方からいただいた知識・技術を自分で纏め上げることができました。そして、自分の中で確立した“本物の歯科医療”で、多くの患者様により良い治療を届けるためにGRANTEETHを設立しました。GRANTEETHは「素晴らしい」や「立派な」という意味の『GRAND』と歯『TEETH』から作った造語です。グランティースと読みます。患者さんに良い歯でいていただきたいという意味でもあり、歯科医師としての目標でもあります。

◆グランティースメソッドとはどのようなものですか?
“本当に良い治療を患者さんに提供する”それがグランティースメソッドです。例えば矯正治療後の後戻り、神経麻痺の残る抜歯など歯科業界では割とよくあることを絶対に起こさないことです。治療を行うことで、さらに治療が必要になる…そんなことおかしいですよね。おかしいことが当たり前におきているのが歯科業界の現状なのです。またこれまでの私の経験では虫歯など多くの口腔疾患の原因は『咬み合わせ』の異常です。治しても治しても、繰り返し虫歯になることに疑問を感じていた時期がありました。頻繁に虫歯になる歯は、削ったところにセラミックを入れても割れてしまう。かといってインプラントにするのは、治したとは言えないと悩んでいました。どうしてこんなに硬いセラミックが口の中で割れるのか不思議に思い、一度ハンマーで思いっきり叩いてみたんです。すると、チェアが割れました(笑)。ではなぜ口の中で割れるのか、それを突き止めたくて色々な先生の元に勉強にいきました。そして、『咬み合わせ』が重要な鍵を握っていることに気付いたのです。もうそこからは歯科が面白くて仕方がない!歯科医師人生の中での大きなターニングポイントでしたね。少し乱暴なことを言うと、まずはみんな矯正治療をした方が良い。健康な歯並びは口腔内の健康を保つ最も根底的で有効な予防だからです。しかしながら、全国民に矯正治療を受けてもらうことは現在の医療制度の中では実現できません。そこで考えたのが、個性理想咬合理論です。つまりグランティースメソッドとは、それぞれ患者さん各個人オリジナルの“口腔内機能”を重視した“患者さんに本当に良い治療”をおこなう手段です。グランティースメソッドの内容を少しご紹介すると、例えば根管治療では目に見えない部分の治療を行います。タービンが今何回転していて、根管内をどのように入っていって、どんな風にキレイに形成していくか。目には見えないのですが、まるで目で見ているかのようにイメージが鮮明に脳内ビジョンとして形成されている。それが私が考える歯科治療の極意でありグランティースメソッドなんです。もう少し分かりやすく説明すると、たまねぎの皮って剥く前から、剥いた後の形が簡単にイメージできますよね。当たり前かもしれませんが、歯科治療もそれくらい脳内ビジョンとしてイメージできないとダメなんです。形成するときもどれだけリアルにイメージできているかが重要です。全分野にわたる知識と技術を持ち、「できる」「分かる」ようになると歯科はものすごく楽しいですよ!

グランティースでは歯科医師と歯科衛生士の連携も大切にしていらっしゃいますね。職種の壁を超えてどのような共通認識を持っているのでしょうか?
歯科医療新時代に活きるチーム医療が非常に重要だと考えています。歯科医療新時代というのは、その時代が来るというわけではなく、私たちが作っていくものだと思っています。患者様のニーズも「痛くなければいい」という時代ではなくなりつつあり、口元の健康に加えて美しさも求められるように多様化してきています。それに合わせて私たちも変わっていかなければなりません。そして、患者様のニーズに応えるにはドクターの力だけではダメです。例えば、義歯を作成するとき、技工士がきちんと作成しなければ、衛生士がしっかり患者指導をしなければ、ドクターが正しい処置をしなければ、完璧な治療はできませんよね。つまり、全員は同じ認識を持って治療にあたることがとても大事。仮にチーム内での理解にズレがあれば、その影響は全体に広がり、クオリティの低下を招きます。もちろん役割分担は大切なので、すべきことはそれぞれの職種に振り分けられていまが、共通の目標を達成する努力も必要だと考えています。知識を共有して、職種関係なく同じ立場のプロとして、歯科医療を牽引していきたいですね。

◆最後に、就活中の歯科医師へメッセージをお願い致します!
若い先生方には、私が20年以上経験してきた知識・経験・技術を手っ取り早く吸収していただき、自分のものとした暁には次のステージに進んでいただきたいです。それが歯科医療の発展にも繋がるでしょう。グランティースメソッドは私が確立しましたが、これもまた変わりゆく時代に合わせて日々アップグレードされていくものです。私が経験してきたのと同じような苦労をさせて、「俺だって若い頃はそのくらい辛かった」などと言うつもりは微塵もありません。私がゴールを知っているのだから、あえて無駄な回り道させる必要もないですし、して欲しくないというのが私の考えです。これから目まぐるしく発展していく歯科医療を担うのは若い先生たちです。私も教えを受けた恩師の先生方から様々なものを受け継ぎました。私の想いの中には、これまでの先生方の想いも含まれています。これからの10年間は、その想いと受け継いできたものを次の世代へと継承する。それが私の使命であり、私に教えをくれた先生方への恩返しなのだと思います。また、今でも自分自身で積極的に勉強の機会を作ったり、グローバルスタンダードな歯科医院であるために、常に世界基準での業界情報に敏感でいるよう心掛けています。自分にできないことや知らないことがあるとムカつくタイプなんです(笑)。学ぶことをやめず、私もまだまだこれから進化してきます。歯科医療を未来を担う若い先生方、グランティースで一緒に成長していきませんか?見学も随時受け付けていますので、お気軽にいらっしゃってくださいね!

***************
GRANTEETH
白金台院(本院)
〒108-0071
東京都港区白金台4-2-11
TEL:03-5798-2098
HP:http://granteeth.com/
***************

 

求人情報を見る

この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。