【インタビュー】医療法人社団福啓会 王子歯科クリニック(東京都北区) 歯科医師 嶋田先生

矯正歯科と一般歯科の両方で学び、かみ合わせから全身の健康を診ることを目指す歯科医師 嶋田先生に聞く!

    

◆経歴を教えてください。

子供のころ虫歯が多かったのですが、小学生のときに歯医者で衛生士さんに指導を受け、自分で綺麗に磨けるようになったことが嬉しくて歯科の仕事に興味を持ちました。でも実は、歯学部への進学を決めたのは高校3年生のときで、文系クラスに所属していました(笑)。幸いもともと理系科目が好きだったこともあり、無事に受験を乗り越えることができましたよ。歯学部を卒業し研修が明けると、特に興味があった矯正を学びたいと思い、矯正歯科に入社しました。そのクリニックの院長には、矯正治療のことはもちろん、「医療人として」という土台となる部分でもご指導をいただき、とてもお世話になりました。しかし、矯正を学んでいくうちに気付いたのが補綴や歯内療法の大切さでした。矯正が大切なのはもちろんですが、根本的な問題が解決できなければ歯並びが崩れていくことを痛感しました。そのような背景があって当時の院長に相談し、まずはベースとなる治療をしっかり身につけていける環境で成長していこうという結論に至ったのです。そして、今年4月にインターネットで求人を見つけた王子歯科クリニックに入社しました。

◆嶋田先生にとって王子歯科クリニックの魅力はどこにありますか?

まず入社前から求人を見て惹かれたのが、充実した設備でした。最新機材や拡大鏡があり、実際に見学にいってみてもそれらの設備が置物にならずに実用されているのを見て感激しました。それから、入社してみて感じた魅力は「人の素晴らしさ」ですね。小野院長は本当に頼もしく、スタッフ一人ひとりを見てくれ、歯科医師としても人としても学びをくださる熱心な先生です。また、患者様への接し方がとても上手く、相手を不安にさせない話し方や表情はとても勉強になります。そして年齢が近い先輩ドクターが法人内にも複数名在籍しているので、自分のステップアップもイメージしやすいですし、分からないこともすぐに誰かに相談できる雰囲気があるのもこの職場の良いところです。

◆今後の目標を教えてください。

目標は全体を診れる歯科医師になることです。矯正専門の歯科医院はありますが、矯正と一般の両方を高いレベルで提供できるところは少ないと思います。自分で抜歯もできて歯並びも治せる歯科医師になれば、患者様にとってもメリットがありますよね。矯正歯科に勤めてから一般歯科に移ったことで、まず口全体を捉えてから治療箇所を診る、というように見方が変化しました。問題がある1本の歯だけを診るのではなく、全体を診て噛み合わせのこともお話ししていくと、患者様の信頼感や安心感を持っていただけることが多く、「そんなことまで教えてくれたのは初めて!」と嬉しいお言葉をいただくことも。気付きを与えることで患者様のデンタルIQが高まったり、もっと知ろうと熱心に耳を傾けてくれたり、そういったときがこの仕事にやりがいを感じる瞬間でもあります。現在は月に数回、当院出身の先生が開業した矯正歯科でも勉強させていただいているので、噛み合わせを理解した上でベースの治療ができるという強みをもっともっと伸ばして、患者様を笑顔にしていきたいです!

******************
医療法人社団 福啓会
王子歯科クリニック
〒114-0002
旺栄ビル3F
TEL:03-4520-6701
求人採用専用番号:03-4520-6149
グループ求人採用サイトはコチラ↓
本院渋谷オーラルプロポーションクリニック求人採用動画はコチラ
******************

 

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。