【静岡県静岡市】医療法人社団長谷川 ひかり歯科医院〈オリジナリティを提供する医院〉

 

一度の歯科医師人生
やりたいことにどんどん挑戦して
自分の未来を思い描く場所

スタッフ一人ひとりの可能性を応援しつづける医院でありたい

ひかり歯科医院は若いメンバーが多い、活気ある職場です。同時にまだまだ発展途中の組織でもあります。だから一緒に勤務してくれるスタッフは私にとって組織を創っていく仲間でもあります。いつも考えていることは「スタッフの可能性を応援しつづける医院でありたい」ということ。そのためにはスタッフのチャレンジしたい、成長したいという気持ちにハード面・ソフト面で支えられるフレキシブルさを持ち応援できる環境でありたいと考えています。なぜなら、一人ひとりのそんな気持ちが明日のひかり歯科医院を創ることに繋がっているからです。

やりたいことはどんどん挑戦しよう!

「やってみないとほんとにやりたいことはわからない」
僕が身をもって体感したことです。初めての就職、初めての社会人生活。これから初めて経験することは、「社会人」「歯科医師」としてもたくさんある。もちろんこれから体験することばかりだから、やってみないとわからない。そしてやっていく中で疑問が出ること、できないことが出てくるのも当たり前です。時には自分の考え方も変わるかもしれません。入職当初は歯周治療に興味があったけど、働いているうちに矯正治療をもっと勉強したくなったからシフトする。そんな進路変更もこれまでありましたし、問題ないと考えています。僕がすべきことはそんなとき先生と一緒に未来の姿を考え、常に味方でいること。上司だけれどいつもそばで応援する仲間であり、親友やお兄ちゃんのような存在でいたいですね。

ひかり歯科医院らしさ

こんな僕の考えはスタッフ全員へ浸透しているから診療中にわからないことがあったら、遠慮なく質問できる。インカムを使っても良いし、僕や先輩を捕まえても問題なし。だれも嫌な顔をせず対応してくれる。診療後に納得するまで議論にも付き合ってくれる。僕やスタッフもこうやって一人前になってきたことを実感しているからです。
相手の立場や気持ちを常に気にかけ受け入れる、尊重できるから一人の成長に拍手が生まれたり、サプライズでメッセージカードを送ったりすることが自然と起きる。こういうところが働いていて感じるひかり歯科らしさです。

診療後みんなでスタッフルームでご飯を食べたり、ゲームをしたりしてから帰ってます(笑)

山口 真緒 先生
愛知学院大学歯学部卒業

私がひかり歯科医院に入職した理由は長谷川先生が信頼できたこと、みんなやさしく医院の雰囲気が良かったからです。就職イベントで初めて話した時、「山口先生がやりたいこと、どうすればできるだろうね?」この言葉が印象的でした。ひかり歯科医院、こんなに設備揃っているよ!勉強できるよ!と言うわけでもなく、まだ就活にふわふわしてた私の相談を1時間以上熱心に聞いてくれたんです。進路指導の先生みたいに(笑)。働く志向ややりたいことは人それぞれ違うと思いますが、それを院長は受け止めてくれる。そして一緒に考えてくれる。そんなスタンスと人柄に惹かれました。
あとは医院の雰囲気です。働くって体力も気力も使うし、疲れは正直避けられない。そんな疲れた状態でさらに人間関係が悪かったら、ダブルパンチで辛い。だから見学の時はこの視点でみていました。そしていざ見学に来た時、みんな明るく良い顔して働いている。私が見学に来たから、気合い入れたのかなと思って帰り際に「ほんとにいつもこんな感じですか?」とこっそりスタッフさんに聞いてしまったくらい心地よかった(笑)。実際に働いて2年目を迎えますが、本当に入職して良かったと思います。また県民性かわかりませんが、すごく温厚な方々が多い印象です。こういった土地柄の魅力もあります。

 

医療法人社団長谷川 ひかり歯科医院
長谷川 雄士 院長
愛知学院大学歯学部卒業

【趣味】読書

 

〒421- 0113 静岡県静岡市駿河区下川原6 -26 -38
TEL:054-257-8888
HP:http://www.hikaridc.com

求人情報を見る

この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。