【インタビュー】こばやし歯科クリニック(東京都江戸川区)歯科衛生士 山中ひとみさん

新卒で入社し、「仕事が楽しい」と笑顔を見せる 歯科衛生士 山中ひとみさんに聞く!

こばやしさまDH
◆プロフィールを教えて下さい。

2007年3月  千葉県立君津高等学校 卒業
2008年4月  東京都歯科医師会附属歯科衛生士専門学校入学
2011年3月  東京都歯科医師会附属歯科衛生士専門学校卒業
2011年4月  こばやし歯科クリニック 勤務
現在に至る

◆山中さんが現在、取り組んでいることを教えてください。
当院では、毎年新卒の歯科衛生士を採用していますので、診療のほか、新人の教育指導も行っています。後輩が成長し、患者さんや院長先生から褒められている姿を見るととても嬉しいです。また「教える」ということを任せてもらうようになり、一番学ばさせて頂いているのは私なんだなと改めて思っています。

DH②

◆これまでの歯科衛生士人生の中で一番影響を受けた人物は誰ですか?そして、その方から何を学び、今どのように活かされていますか?
先日、インプラントのアシスタントセミナーに参加したのですが、その時の講師の衛生士さんがとてもかっこよかったです。身だしなみもきちんとしておられ、診療の話になると雰囲気が変わります。負けず嫌いな部分は自分にも通じるところがあります。またその方のメインテナンスセミナーに参加する予定です。こばやし歯科クリニックでは、セミナー費は医院が出してくださるので、こういった刺激を受けられるセミナーに多く参加することができとてもありがたいです。また、日々の診療の中で、患者さんから影響を受ける場面が沢山あります。私は術者サイドから患者さんのケアを行っていますが、その際、患者さんから不安な点や疑問点を問いかけられることがあります。そこから、患者さん目線で自分の行動を見つめられるようになったので、とても感謝しています。院長からは直接マイクロスコープを使ったトレーニングをしていただき、日々の診療に活かすことができています。

DH③◆山中さんが考える理想の歯科衛生士像はどのようなものでしょうか?
私の考える歯科衛生士像は患者さんと寄り添える歯科衛生士です。当院は歯科衛生士が担当制になっておりますので、患者さんとは長い付き合いとなります。歯科医院に来て頂き、ただメンテナンスを行うだけでなく、患者さんの抱える問題を一緒に乗り越えられたらと常に思っています。また、患者さんの特徴を捉え、日常会話を取り入れていくことも患者さんとの距離を縮めるにはとても重要な事だと感じています。

DH④◆最後に、求職中の歯科衛生士へ一言メッセージをお願いします。
最初の就職先はとても重要です。まずは自分がどんな歯科衛生士でありたいのかを明確にし、自分の理想とする歯科医院で働けることが理想ですね。歯科衛生士はとても良い職業ですよ。

***********************
こばやし歯科クリニック
〒132-0021
東京都江戸川区中央4-11-8-4F(江戸川高校前)
TEL  03-3653-7567
http://www.k-dc.net/
***********************


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。