【インタビュー】医療法人社団 福啓会 王子歯科クリニック(東京都北区) 歯科衛生士 荒井 さん

販売の仕事から歯科助手に転職。働きながら学校に通い、2017年4月より衛生士として活躍中している歯科衛生士 荒井さんに聞く!

◆経歴を教えてください。

高校を卒業した後、ジュエリーの販売や管理の仕事に就き、6.7年前に歯科助手に転職しました。ご縁があって入社した当院で歯科助手の仕事をしながら衛生士学校に通わせていただき、今年3月に卒業、4月より衛生士として勤務しています。歯科助手から歯科衛生士になろうと思った理由は大きく3つあります。1つ目は、持病を持っているため、たとえ休職することがあっても資格を持つことで復職しやすくなると考えたからです。2つ目は、これからも安定感のある医療業界で働いていきたいと考えたときに、今からでも充分取得できる資格だと思ったこと。そして3つ目は、他の有資格職種と比べたときの環境・待遇面です。女性としてのライフステージにあわせて長く働きキャリアアップしていけるという大きなメリットを感じました。

◆荒井さんにとって、王子歯科クリニックの魅力はどこにありますか?

とにかく働きやすい!職場を選ぶ上で、給与や待遇面も大切なのかもしれませんが、「誰と働くか」ということが一番大事なのではないかと気付かされました。職場の雰囲気が良い、職種関係なく仲が良い、などの魅力もありますが、教育プログラムがとてもしっかりと作り込まれていることにも安心感があります。私が衛生士になってからも、いきなり患者様を任せるということはなく、まず基礎をじっくりと学ばせてくれました。歯科助手の経験があるとはいえ、初めの頃は目の前の患者様に対して、学校で学んだ知識だけでは技術が追いついていかないという不安もありました。今は王子院に勤務していますが、渋谷院から先輩衛生士が来てくださって指導やサポートをしてもらうこともあり、とても心強いです。院内外ともに勉強会やセミナーのフォローアップ体制もあり、「もっとできるようになりたい、学びたい」という向上心に応えてくれる職場です。そして、患者様を第一に考えるスタイルも魅力的ですね。もちろん売り上げも大切。それでも、院長をはじめ皆が「患者様のために」という一つの方向に向かって診療できていることが、私たち自身の誇りややりがいにも繋がっていると思います。

◆今後の目標を教えてください。

福利厚生が充実していて産休や育休の制度も整っている環境ですので、将来的に母親になっても衛生士として活躍するのが目標です。「結婚や出産と同時に退職しなくてはならない雰囲気がある…」という職場もまだ少なくないと思いますが、当院では様々な働き方が認められているので、子育てをしながら時短正社員として働くドクターや衛生士の先輩も在籍しています。他のスタッフの理解やサポートがあることは本当にありがたいですし、衛生士としてのキャリアを積んでいくにあたって、私もゆくゆくはそういった働き方に挑戦してみたいと考えています。また、担当制も導入しているので、私が診させていただいている患者様からも理解をいただくことができたら幸せなことだな、と思います。「荒井さんが勤務の日に合わせるから、お仕事も子育ても頑張って!」と応援してもらえるような信頼関係を築いていきたいですね。

◆最後に、就職活動中の衛生士へメッセージをお願いします!

歯科はこれからもっともっと伸びていく業界だと思います。そのためにはもちろん衛生士の活躍も欠かせません。国試の勉強は大変ですが、衛生士として働き始めると「3年間の頑張りが活かせている」という手応えも感じられますよ。世の中に歯科医院は沢山ありますが、初めての就職先選びは今後の人生を左右するとても重要な分岐点です。自分が何に興味があるのか、どんなことでやりがいを感じられそうか、ということも時間がとりやすい学生のうちに考えてみてくださいね。興味をもっていただけたら是非当院にもお気軽に見学に来てみて下さい!

******************
医療法人社団 福啓会
王子歯科クリニック
〒114-0002
旺栄ビル3F
TEL:03-4520-6701
求人採用専用番号:03-4520-6149
グループ求人採用サイトはコチラ↓
本院渋谷オーラルプロポーションクリニック求人採用動画はコチラ
******************

 


この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。