【千葉県市原市】三橋歯科医院〈患者主義を追求する医院〉

 

「治療をしない歯医者さん」
それが私たちの目指す
究極の優しさの形

目指すのは「治療ゼロ」の歯科医院

私は、自分で言うのもなんですが歯科医師の仕事が嫌いです!個人的に、歯科医師の「治療」よりも歯科衛生士の「予防」の方が、患者さんにとって価値になると考えているからです。治療が終われば患者さんとの関係性はそれっきりの場合も多いと思います。しかし、当院の歯科衛生士は患者さんをどんどん健康に変えていき、気持ちを変化させていくことができます。患者さんの意識を変えることは予防の神髄であり、それができる歯科衛生士は素晴らしいです。そうした考えがあり、父の医院を継いで以降、予防の重要性を地域の方々に訴えかけてきました。現在では殆どの患者さんが、治療ではなく予防目的で来院しています。私たちの熱意と患者さんを想う気持ちが地域にしっかり伝わっています。

歯科衛生士には診療補助をさせたくない

患者さんの意識を変えることは、実は“とても”難しいです。今でこそ定期健診の患者さんが多いですが、そもそも定期健診の大切さを伝えることでさえも本当に苦労しました。毎日同じ話をして、「良い歯セミナー」等、患者さんの健康意識を上げる為のイベントを企画し、予防歯科の大切さを伝えるのに5年もかかりました。ただ、その甲斐あって、患者さんは自分の口の健康に関心を持ってくれるようになりました。予防に情熱を傾けているからこそ、歯科衛生士には歯科医師の診療補助ではなく、主体的に予防歯科に取り組み、患者さんと1対1で向き合う時間を大事にしてもらいたい…。当院は歯科衛生士がまず口腔内の状態や処置の経過をチェック、把握をしてから歯科医師に報告して治療方針を決めるという流れにしています。患者さんと接する時間が長い分、患者さんとの信頼関係を築き、患者さんと一緒に病気を治していくことで自分の成長にもつながります。患者さんからの信頼度も増していきますよ。

歯科衛生士として働く楽しさ、やりがいを知ってほしい

予防歯科を極めた当院に所属するスタッフ(私も含め)は、とことん勉強してきました。その集大成は治療マニュアルや教育プログラムとなり、新しい歯科衛生士にもしっかり伝授できる環境を整えています。私も大学院を卒業し、予防歯科と関わりの深い補綴において、日本補綴歯科学会専門医・指導医を取得しています。そして何より、どんなに辛い治療でも手を抜かず、自信を持って患者さんと向き合う先輩たちがいます。優しさと強さを兼ね備えた素晴らしい仲間と一緒に、歯科衛生士として成長する自分を実感し、楽しんで下さい!

「先輩衛生士さんにインタビュー」

稲毛 文香 さん 東京歯科大学歯科衛生士専門学校卒(2015年)
就活を始めた頃は、漠然と予防歯科をやりたいなと思っていました。診療補助だけでなく歯科衛生士という資格を活かした仕事がしたいと考え、予防歯科を積極的に行っている歯科医院を探していました。
三橋歯科医院に見学に来て、パッと目についたのはエアフローが3台もあることでした。珍しいな、と。そして面接で院長の熱い思いを聞いて、「あっ、ここだ。」と直感しました。実際に仕事をしていて、診療補助は行わないので歯科衛生士業務に専念できます。技術面だけでなく、データや根拠に基づいた説得力のある話を患者さんにできるよう、向上心を持って勉強を続けています。院長も予防歯科の視点から、私たちの立場から治療計画を考えているので、仕事がしやすいです。先日、患者さんから「娘があなたの大ファンなのよ」と言われた時は、日々の努力が実っていると感じてとても嬉しかったです。

 

三橋歯科医院
三橋 裕 院長
日本大学歯学部卒業

【趣味】趣味…家族サービス(マザー牧場へ行く等)
「気持ちは歯科衛生士なんです!(笑)」

 

〒290-0225 千葉県市原市牛久550-5
TEL:0436-92-1305
HP:https://www.mitsuhashi-shika.net/

求人情報を見る

この記事の筆者:デントプレス

デントプレス編集部です。歯科業界に従事する方の就職活動を応援するサイト「デントプレス」を運営しています。歯科のお仕事にまつわる有益な情報を提供していきます。